ライフスタイル
2015/11/29 11:49

家具としても楽器としても美しい。カリモク家具&ローランドのデジタルピアノ「KIYOLA(きよら)」

天然の木材からうまれた優しい音色が聞こえてきそうです。

gnw_151031_05_01

ナチュラルな空間にすっと溶け込む、家具仕上げのデジタルピアノ「KIYOLA(きよら)MADE IN JAPANシリーズ『KF-10』」(以下、「きよら」)。電子楽器メーカー「ローランド」と、高い品質とデザイン性でインテリア愛好家から多くの支持を得ている「カリモク家具」の共同開発でうまれました。

 

職人の手からうまれた、使うほど愛着が湧くデジタルピアノ

gnw_151031_05_02

「きよら」はデジタルピアノのデザインに焦点を当て、楽器の美しさを持ちながらもインテリアとして空間に調和するよう作られています。そのキャビネットは日本の職人による手作業で磨かれ、組み立てられました。

 

無垢材でしか作ることのできない曲線や細身の脚は空間を圧迫せず軽快な佇まいで、部屋をひろびろと見せてくれます。一台一台異なる美しい木目はそれぞれ表情があり、長く使い込むほど風合いの変化を楽しめて家具としても魅力的。

gnw_151031_05_03

また、専用のいすもカリモク家具独自の「座り心地研究」により設計され、長時間の演奏でも疲れないよう配慮がされています。

 

 

ピアノが弾けなくても大丈夫!?演奏もスマホでできちゃいます。

gnw_151031_05_04

インテリアとしての外観に配慮している「きよら」は、操作ボタンも最小限。メトロノームや内蔵曲の再生などは、専用のアプリでおこなえます。アプリはiOSやAndroid端末のほか、Apple Watchにも対応。Bluetooth機能を使えば、音楽アプリや動画のサウンドをピアノ本体で再生可能。

 

そのほか、好きな楽譜をダウンロードしてペダルで譜めくりしながら演奏できる電子譜面アプリなど、デジタルピアノならではの先端技術をつかった楽しみ方もいっぱいです。

 

多くのファンを持つ「カリモク家具」ならではの品質の高さと、「ローランド」で培われた電子楽器技術の、見事なコラボレーション作品。発売は12月19日でオープン価格となっています。

TAG
SHARE ON