ライフスタイル
2017/4/1 10:00

リゾート・イン・セブ――いま注目の旅行先・セブ島のツアー&グルメを徹底ガイド! 

綺麗な海にジンベエザメなどのレアな動物、そしてグルメと三拍子揃った南国の楽園フィリピンのセブ島。ここでは「ツアー篇」と「グルメ篇」に分けて、セブ島オススメのスポットを徹底ガイドします。ツアー篇ではジンベエザメに接近できるツアーなど、グルメ篇では地元っ子がこだわりの名店を紹介!

※本記事は航空会社・バニラエアの機内誌「バニラプレス 2017年4-6月号(創刊号)」に掲載された内容の完全版となります

 

【ツアー篇】

南国の楽園での限られた時間で、リゾートを満喫したい! それならばオプショナルツアーを利用するのが、賢い選択。慣れない国でも効率的&安心して楽しめます!

 

野生のジンベイザメとシュノーケリングで泳ぐ!

20170323_blnak5_1
↑ジンベイザメはおとなしく、人間への危険性は低いサメなので接近しても安心

 

手軽なシュノーケリングで巨大な野生のジンベイザメと接近できる驚きのツアー。ジンベイザメが見られるオスロブまではセブ中心部から片道約4時間かかりますが、ホテルから現地までの送迎車付きなので移動は楽。また、必要な用具もなく水着を持参すればOKです。さらに、オスロブの対岸に見えるスミロン島への上陸や島付近でのシュノーケリングもセットになっています。

20170323_blnak5_2
↑ツアーでは、白浜のビーチが広がるスミロン島にも上陸します

 

【DATA】

シュノーケリング+スミロン島滞在ツアー<ホテル送迎付/現地ガイド日本語可/ランチ付>

■料金
大人(13歳以上) USD 210.00(税込)

※2名以上での申し込みの場合

 

ボホール島でターシャ&チョコレートヒルズ見学!

20170323_blnak5_3
↑ターシャは夜行性のため昼間はおとなしいですが、夜になると木々を跳ねまわります

 

サイズ約10センチという世界最小のメガネザル「ターシャ」の鑑賞やチョコレートヒルズの見学など、ボホール島の観光地を巡る日帰りツアー。島へは、セブ島発の高速フェリーで約2時間。到着後は専用車がお出迎え。日本語OKの現地ガイドがていねいに案内してくれるので安心です。また、船上でフィリピンの伝統料理を頂けるクルーズも楽しみのひとつ!

20170323_blnak5_4
↑オンシーズンには山がチョコレート色に染まるチョコレートヒルズ

 

【DATA】

ボホール島日帰りツアー<ホテル送迎付/現地ガイド(日本語可)/ランチ付>

■料金
大人(13歳以上):USD 105.00(税込)

※2名以上での申し込みの場合子供(4~9歳):USD 95.00
※幼児(0~3歳)は無料

 

 

これも気になる! 離島巡りも人気アクティビティ

20170323_blnak5_5
↑ナルスアン島は、海へと続く長い桟橋が印象的

 

ボートに乗っていくつかの島を巡る「アイランドピクニック」も、人気のアクティビティ。2つの島を巡るこのツアーでは、透明度の高い海でシュノーケリングやBBQランチも堪能できます。

 

【アイランドピクニック】

人気の2島めぐり(ヒルトゥガン島&ナルスアン島 珊瑚保護区で感動シュノーケル)<現地ガイド(日本語可)/BBQランチ付プランあり>

 

 

 

【グルメ篇】

旅行に行くなら気になるのはご当地グルメ。グルメには自信あり!という地元っ子が「ココなら、間違いなし!」というレストランを厳選。グルメな日本人も満足できること必至。英会話講師の3人に紹介してもらいました。

20170323_blnak5_15

 

絶品イタリアンをリーズナブルにいただける名店「ミケランジェロ セブ店

セブ島在住のイタリア人オーナーが8年前にオープンしたこちらは、日本の名店にも負けず劣らずの、ハイレベルな料理を提供。それを、日本の相場の半額以下のいただけるのだから、行く価値は大。現地の日本人や欧米人からの支持が高く、足しげく通うファンは多いそう。特にピザは薄くサクッとした生地が絶妙!と、舌の肥えた人たちからも大好評です。

20170323_blnak5_6
↑ルッコラをたっぷりのせた「ロベルティーノ」(420ペソ)[手前]は、店の一番人気。「マリナーラロッサ」(280ペソ)[左下]には魚介の旨みが凝縮しています!

 

 

20170323_blnak5_7
↑ウッディーで落ち着いた空間。2階フロアもあります。約180席

 

【DATA】
住所:1 Paseo Saturnino,Ma Luisa Road,Banilad,Cebu City
TEL:032-236-4297
営業時間:11:00~23:00
休:無休

 

壮大なロケーションも魅力! 本場フィリピン料理が楽しめる「Lantaw ランタウ コルドバ店

本場のフィリピン料理を楽しみたいなら、セブ市周辺に3店舗を展開する「ランタウ」がイチオシ。豚足を揚げた料理クリスピーパタをはじめ、フィリピンの家庭料理やごちそうが堪能できると、観光客からも人気です。こちらの店舗は、水上に浮かぶロケーションも魅力。特に水面が赤く染まる夕暮れどきの風景は幻想的で、雰囲気バツグン!

20170323_blnak5_8
↑「クリスピーパタ」(545ペソ)は、フィリピン料理の定番![右下]、香ばしさが食欲をそそる「クリスピーガーリックシュリンプ」(120ペソ)[左下]

 

20170323_blnak5_9
↑広々としたテラス席も人気

 

20170323_blnak5_10
↑水上に浮かぶ開放的な空間。夜はセブ市街の美しい夜景が見えます

 

【DATA】
住所:Day-as Cordova Mactan, Cebu, Philippines
電話番号:032-514-2959
営業時間:11:00~24:00(日~木曜)、~25:00(金・土曜)
休:無休

 

5つ星ホテルのクオリティ。味も空間作りもホスピタリティも抜群の「Maya Mexican Restaurant」

セブ島では珍しい、メキシコ料理店。定番のブリトーやファヒータ、肉料理も美味しいと評判。さらに、高級感ある空間と高いホスピタリティにも驚くのですが、それもそのはず、ここはセブ島屈指の5つ星ホテル「アバカ ブティック リゾート」系列のレストラン。「味も雰囲気も信頼できる」と、接待や特別な日の利用も多いそう。

20170323_blnak5_11
↑「ファヒータ “CAMA RONES”」(695ペソ)。グリルした海老などをトルティーヤにのせていただきます

 

20170323_blnak5_12
↑「ブリトー NEW YORK STYLE“DISHE BRADA”」(455ペソ) 。中には、チキンのチーズがぎっしりです

 

20170323_blnak5_13
↑2階エリア。ナイトイベントも行われます

 

20170323_blnak5_14
↑「クロスロード」という商業エリアにあります。重厚感のあるトビラが目印

 

【DATA】

住所:Crossroads, Banilad Cebu City 6000
TEL : 032-238-9552
営業時間 :17:00~24:00(金・土曜~26:00、水・日曜~25:00)
※水・日曜日はサルサダンス、金・土曜日のDJイベントが行われる。
休日 : 不定休

 

 

各種ツアーへの問合せ、お申込みは、現地ツアー予約専門サイト「VELTRA(ベルトラ)」へ。■URL:http://www.veltra.com/jp/asia/philippines/cebu/

 

協力:オンライン英会話スクール「グラッツ英会話」
https://glats.co.jp/