ライフスタイル
2017/3/17 16:44

採用面接官に聞いた就活ウケが悪い髪型ワースト3はコレだ!

若者の「大人への進化」をサポートするブランド資生堂の男性用化粧品ブランド「uno(ウーノ)」では、就活準備中の学生応援サイト「マイナビ学生の窓口」と連携し、一般企業の新卒採用面接官645人を対象に、「男子就活生の髪型調査」を実施しました。

 

【調査概要】
実施時期:2017年2月8日~2月10日
調査手法:インターネット調査
調査元:マイナビ学生の窓口( https://gakumado.mynavi.jp )
調査対象:現在または過去3年以内に、新卒採用の面接官として関わった20代~70代の男女645人(男性…582人、女性…63人)
20代…22人、30代…115人、40代…186人、50代…231人、60代…82人、70代…9人

 

一般企業の新卒採用面接官645人に聞いた「男子就活生の髪型調査」。まず始めに、新卒者の採用で第一印象が選考に影響するか調査すると、面接官の95.5%が「影響する」と答えています。そして、就活生の合否に大きく影響する第一印象ですが、髪型がどの程度影響を与えるか調査すると、8割が「影響を与える」(80.8%)と答えており、就活生にとってのヘアスタイルは、一生を左右することにもつながる重要な課題といえそうです。

20170317-i03 (1)

 

それでは、実際どんなヘアスタイルが面接で良い印象を与えるのでしょうか。男子就活生の20種類の髪型写真を提示し、最も印象が良いとされる髪型なのか調査すると、全体にすっきりとシャープなツーブロックスタイルが第1位(166人、25.7%)に選ばれました。2位は上品な七三分けのショートヘア、3位は若さを感じるラフな立ち上げヘアとなっています。いずれも顔の表情がはっきりとわかる額を出したショートヘアが選ばれていますね。就職活動で面接官の印象を良くしたいなら、スッキリとした表情のわかるデコ出しスタイルで面接に臨むことがよいでしょう。

20170317-i03 (2)

 

また、面接で印象が良くないとされる髪型を調査したところ、ワースト1は前髪で目元が隠れたパーマヘアでした。「印象が暗い」「学生の雰囲気」「自信のなさを感じる」などのマイナスの印象を持たれており、面接官の196人(30.4%)が印象が良くない髪型として挙げています。ワースト2はチャラいイメージの強い茶髪、ワースト3はワースト1と同様に、前髪で目元が隠れた髪型で、「だらしない」「暗い」などの印象を持たれています。表情の見えないヘアスタイルは面接には不向きのようです。

20170317-i03 (3)

 

調査の結果、第一印象において髪型の影響度は高いということがわかりましたね。また、髪型も清潔感があり表情がしっかりわかる「ツーブロック」が良いとされ、前髪をおろして表情の見えない「パーマヘア」は印象が良くないそうです。面接に関わらず、何に対しても表情がはっきりとわかる額を出したスタイルを意識すれば、第一印象を良く思ってもらえそうですね。

 

UNOのブランドサイトでは、大人の髪型のヘアカタログやスタイリング情報などを提供しています。就活に向けて準備をしたいけど、どういう髪型にしたらいいかわからない……とお悩みの方は、一度チェックしてみて下さい。

20170317-i03 (4)

 

3月中旬には、新しいアイテム「デザインハードジェリー」2種が登場します。デザインハードジェリーは、ワックスのアレンジ力とジェルのキープ力を兼ね備えた進化系ジェル。自然なツヤの<ナチュラル>と、濡れたようなツヤの<グロッシー>の2つの質感から選べます。

20170317-i03 (6)
↑「デザインハードジェリー」<ナチュラル><グロッシー>(各100g)

 

そして、リニューアル2年目のワックスシリーズからは、トレンドのふんわりエアリーなヘアスタイルを作れる新感覚ムース状ワックス「NUANCE CREATOR」が登場。新処方「さらふわポリマー」配合で、ベタつかず軽やかに髪をセットできます。

20170317-i03 (7)

 

【URL】

UNO ブランドサイト http://www.shiseido.co.jp/uno/

TAG
SHARE ON