ライフスタイル
2017/6/26 18:58

【6月26日は雷記念日】アウトドアシーズンの備えに! 東京電力の停電情報アプリに「雷雲情報」が追加

本日6 月26 日は「雷記念日」。その起源は平安時代にさかのぼり、時の大納言・藤原清貫(ふじわら きよつら)が落雷のために亡くなったことにあると言われています。東京電力ホールディングスはこの日に合わせ、スマホ向け停電情報アプリ「TEPCO 速報」のサービスに新機能として「雷雲情報」を追加しました。

20170626_y-koba2_01

 

プッシュ通知で暮らしをサポート

「TEPCO 速報」とは、停電・雨雲・地震情報や東京電力グループからのお知らせを配信するスマホ向けアプリ。 登録した地域での停電・雨雲・地震情報などをプッシュ通知で知らせ、暮らしをサポートしてくれます。

 

例えば地震の場合、気象庁から発表される震度3以上の地震情報を表示や、登録地域の地震情報についてはプッシュ通知でお知らせ。停電情報では、停電している地域だけでなく、停電軒数や復旧見込みも知らせてくれます。

20170626_y-koba2_02
↑停電・雨雲・地震情報などをプッシュ通知で知らせてくれる。地域登録は最大8か所まで登録が可能

 

アウトドアシーズンの備えにも最適な新機能「雷雲情報」

6 月26 日の雷記念日に合わせ、このTEPCO 速報に新機能「雷雲情報」が追加されました。雷雲情報では、気象庁から発表される雷雲情報について、過去と現在の状況と、1時間後の未来予測を地図上に表示されます。

20170626_y-koba2_04
↑雨雲・雷電情報

 

落雷はその約半数が7月や8月に集中し、停電原因の約1/4は落雷によるものといわれています。雷雲予測をプッシュ通知で届けてくれるTEPCO 速報があれば、事前回避に利用できるとともに、仮に落雷が原因で停電が発生した場合でも停電情報をいち早く確認。停電の規模や復旧見込みを把握することができます。

20170626_y-koba2_05
↑2005~2011 年の7 年間の落雷害の月別件数「気象庁ホームページより」

 

停電・雨雲・雷電・地震などをプッシュ通知で知らせてくれる「TEPCO 速報」アプリ。最大8か所まで地域登録が可能なので、自宅や実家、勤め先などを登録することで、自分が関係する場所の予報や情報をいち早く把握できます。今回のアップデートで、登録地域に雷雲の発生が予測された場合、1時間前にプッシュ通知で知らせてくれるようになったので、これからのアウトドアシーズンの備えとしてもぴったりですね。

 

[対象地域]

栃木県・群馬県・茨城県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・山梨県・静岡県・福島県・新潟県 (停電情報に関しては、東京電力パワーグリッドのサービスエリアが対象範囲です)

TAG
SHARE ON