ライフスタイル
2017/11/28 19:00

ズバリ指南! ゲッターズ飯田の2018年開運アクション

いよいよ年の瀬。同時に、そろそろ来年のことも気になってきますよね。

 

新しいことを始めようと思っているけれど、来年は最適なタイミング? 恋愛運や仕事運はどう?……と気になるもの。ただ、運勢がどうであれ、やりたいことはやりたいし、欲しいものは手に入れたいのが、きっとみなさんの本音のはず。

 

それなら自分の“運”に一喜一憂するのではなく、自らの手で“運気”を上げていってはどうでしょう? さまざまなメディアで大活躍の人気占い師、ゲッターズ飯田さんに、来たる2018年の運気を高めるアクションをうかがいます。

20171128_hayashi_atL_01

 

 

上質なものを身に着け、和の習い事にチャレンジ! ちょっと背伸びをして大人らしい振る舞いを

ゲッターズ飯田さんといえば、もはや説明の必要がないほど有名な「芸能界最強の占い師」。生年月日、名前、手相、陰陽五行などを基に独自に編み出した「五星三心占い」で、運気の流れをズバリ言い当て、開運へ導くスタイルが大人気です。今年10月に発売された『ゲッターズ飯田の五星三心占い 2018年版』は、発売から1ヵ月半で100万部を増刷するほど。そんなゲッターズ飯田さんに、まずは2018年全体の運気について教えていただきましょう。

 

「2018年は昨年に続き、“大人の時代”です。40代、50代の人たちの運気が高まります。ですから、その世代よりも下の人たちは、ちょっと背伸びをするといいですね」

 

“背伸び”とは、どういった方法ですればいいでしょうか?

 

「ファッションやメイクなどで雰囲気を大人っぽくしたり、良質な物を持つようにしたりしてください。すべてでなくてもいいですが、バッグやアクセサリーなど、どこかに一流のもの、作りの良いものを取り入れるといいでしょう。『和』や『伝統文化』『郷土』などもキーワードですから、そういったストーリー上にあるものを選ぶことをおすすめします。

 

また、大人のマナーを身につけていることも大切です。年賀状もメールではなく葉書で出してみたり、お中元やお歳暮を贈ってみたり。お正月に和服を着てみるのもいいですよ。そういった日本の伝統的なしきたりをきちんと行っていくことで、運気も引き上げられます」

 

新年から何か習い事を始めたいと思っているのなら、これも“大人の世界”に飛び込んでみるのがいいんですね。

 

「習い事なら花道や茶道、陶芸や着付けなど、伝統的な学びがおすすめです。運気の良い大人世代から学ぶという点でも、運気アップが期待できます。また趣味を広げる場合は、神社仏閣や世界遺産、文化遺産を巡ったり美術館に行ったりといった、文化的で歴史に触れられる方面に足を伸ばしてみるといいでしょう」

20171128_hayashi_atL_02
習い事は他にもワインスクールやゴルフ教室など、やはり“大人っぽさ”をキーワードに習いはじめるのが開運アクション。大人のたしなみなので「お金を払って学ぶ」「誰かに教わる」という気持ちが大切です

 

 

正統派美人がモテる時代 アイドル的かわいさより女優のような華やかさを!

開運アクションを機会に、大人の趣味を身に着けるのも素敵ですね。

 

そして、占いというと、どうしても聞きたくなるのが恋愛運。2018年にモテるのは、どんなタイプの女性なのでしょう。

 

「なかなか大変ですけれど、華やかな美人がモテる年です。2018年は“正統派”もキーワードなので、正統派な美人が強いですよ」

 

それって、自力で開運する方法はあるのでしょうか……?

 

「華やかな美しさが自分には合わないと思ったら、シンプルでナチュラルなテイストに一気に振り切ってしまうほうがいいと思います。美しさというのは、結局はバランスです。ファッションやメイクを勉強して、バランスの良さで勝負するというのもひとつの策です。どちらにしても、可愛いよりも大人っぽく、というのは常に意識していてください。目指すのはアイドルグループよりも、大人の女優ですよ」

 

ちなみに、金運アップなら「ノリを良くして」と飯田さん。「イベントやライヴに足を運んだり、家でライヴDVDを見たりするのもいい」そうです。また仕事運に関しては、「これまでコツコツと真面目にやってきた苦労人が評価される」そう。仕事が忙しく大変だった人も、いよいよ報われる年になるかもしれません。

 

続いてうかがったのは、リビングのインテリアに取り入れるべき開運アクションです。

 

 

リビングにはアンティーク家具を投入! 大物インテリアの買い替え時期

次にうかがったのは@Livingらしく、リビングのインテリアに取り入れるべき開運アクション。運気が良いリビングでリラックスした時間を過ごせたら、自分の1年の運気も、ぐっと高まりそうです。

 

「特に2018年の前半は、上質なものを買うといい時期です。リビングにも何かひとつ、作りの良い本物志向のインテリアを取り入れると運気が良くなります。大量生産、大量販売用に製造されたものではなく、伝統的なものや、職人さんが丹精込めて作ったもの。また、木の素材も良いです。新品なら、海外のものよりも日本のものを。また、アンティーク家具もおすすめです」

 

部屋全体の雰囲気を「落ち着いたアンティーク調に仕上げる」のもいいのだとか。「部屋の雰囲気も“大人っぽく”を忘れずに!」と飯田さん。とはいえインテリアというと、ひとつひとつが大きなお買い物になってしまうもの。一度にあれもこれもと買い替えるわけにはいきません。何かひとつ、と思ったときには、何を選べばいいでしょう。

 

「家具の中でも大型のものを、運気が上がるものに替えるのがいいですね。ラグやカーテン、あとはテレビ台やキャビネットなどが、買い替えやすいのではないでしょうか。ラッキーカラーは紺か、淡い紫とピンクです。淡い色で華やかに、それでいて落ち着いた大人の女性の部屋を目指すといいと思います」

 

また「迷うようなら、運気に左右されない白色を」というのが、飯田さんによる色選びの鉄則ですよ!

 

 

2018年の後半は“庶民”の時代! クラフトアイテムが運気アップの鍵

そして2018年の後半からは、“庶民”の時代の気配も強まってくるのだそう。

 

「後半になると、自分で手づくりしたものが運気を引き上げてくれるようになります。ですから、お金に余裕がある人は上半期のうちにいい家具を購入して、ちょっと厳しいなという人は、下半期にプチDIYをしたり手づくりのものを飾ったりするといいでしょう。上質なものの時代はこれからしばらく続きますから、上半期に買っておいてもけっして損にはなりません」

20171128_hayashi_atL_03
部屋の模様替えのキーワードも“大人っぽさ”。アンティーク調の家具なら洋の物、和の物どちらでも運気が上がるとのこと。一点豪華主義で購入するのもいいですが、最近はフレンチシャビー調な雰囲気に仕上がる塗料などもホームセンターなどで購入できるので、自分でDIYするのもオススメ。2018年後半は特に手作りの物が幸運を呼び込むのでちょうどいいタイミングかも

 

 

運気絶好調の人と一緒に過ごして運気を引き上げてもらいましょう!

「実は運気の良い人と一緒にいると、自分の運気も引き上げてもらえます。僕の五星三心占いでいうと、上半期は“銀のイルカ”と“金のカメレオン”、下半期は“金の時計”の人が絶好調。大きな買い物や決断をするときに、その人たちに一緒にいてもらうと失敗することはないと思います。

 

また先ほど話した習い事にも通じますが、熟練者から学ぶというのも欠かせない開運アクション。仕事でも私生活でも、先達の方々の経験や知識をありがたく学ばせていただき、真似をするという姿勢が、運を開くことにつながります。特に今年は大人の年。学ぶ気持ちを大切にしてください」

 

大人っぽく、背伸びをするということは、学びや礼節を身に着けることにもつながります。2018年の開運アクションは、良い運気を連れてきてくれるのはもちろんのこと、素敵な大人の女性になるためのチャンスともいえるかもしれません。新年早々アクションを起こして、2018年も良い年に!

 

 

 

Profile

20171128_hayashi_atL_04

 

ゲッターズ飯田
これまで約5万人を超える人を無償で占い続け、「人の紹介がないと占わない」というスタンスが業界で話題になり、テレビ・雑誌・ラジオ・ネットで“芸能界最強の占い師”と呼ばれている。メディアの取材も数多いが、本人の希望で出演時は顔を仮面で隠している。元々占いには否定的だったが、ある先生に「将来は占い師か芸人」といわれ、その他もことごとく当たったことから占いを研究しはじめて22年目。様々な占いの原則を学び、独自に生み出した「五星三心占い」があまりに当たると芸能界・テレビ業界に信奉者続出。LINE公式アカウントの登録者数は100万人を超えと超人気。『ゲッターズ飯田の五星三心占い 2018年版 』(セブン&アイ出版)は2017年9月28日の発売と同時にベストセラーになっている。

 

何気ない日常を、大切な毎日に変えるウェブメディア「@Living(アットリビング)」

at-living_logo_wada

 

TAG
SHARE ON