ライフスタイル
2016/5/30 16:55

【ピッと光る】基板で路線図を描いたサイバーパンクなデザインのICカードケースが登場!

基板の製造を手掛ける電子技販から、東京の路線図を基板で描写したICカードケース「FLASH 東京回路線図 ICカードケース」と、映画「STAR WARS」の機体設計図を描いた「FLASH STAR WARS 基板アート ICカードケース(X-WING)」の2種類が発売されました。

gn160530-03 (6)
↑FLASH 東京回路線図 ICカードケース(左)、FLASH STAR WARS 基板アート ICカードケース(右)

 

本品は、Suicaなどの交通系ICカードが1枚入るICカードケースです。基板の配線パターン(金めっき)に、東京路線図、X-WINGをモチーフに機体設計図を精巧に描写したデザインになっています。

gn160530-03 (4)
↑ICカード装着イメージ

 

改札のタッチやICカードでの決済時に電池無しでもLEDが光るギミック付き。東京路線図のデザインでは東京駅の位置に、X-WINGのデザインではR2-D2が搭乗するポジションの位置にそれぞれ実装した赤色LEDが光ります。

↑タッチ時にLEDが光ります
↑タッチ時にLEDが光ります

 

FLASH 東京回路線図 ICカードケースは、基板の配線パターン(金めっき)で東京近郊の路線図をデザイン。西エリアは横浜駅、北エリアは大宮駅、東エリアは西船橋駅まで網羅しています。また、東京駅に2㎜の赤色LED、主要駅7駅に2㎜の抵抗器、乗降客の多い駅25駅に1.6㎜の抵抗器、その他乗換駅166駅に1㎜の電子部品を実装しています。鉄道駅の名称は白シルク3文字(例:TKY 東京)で表現。合計199個の電子部品が実装されています。価格は各9720円。サイズ/質量:W98×H62×D4.5㎜/25g

↑黒、緑、白の3色をラインナップ
↑黒、緑、白の3色をラインナップ

 

STAR WARSの機体設計図がモチーフ

「FLASH STAR WARS 基板アート ICカードケース(X-WING)」は、基板の配線パターン(金めっき)でSTAR WARS「X-WING」の機体設計図を精巧に描写してあります。

img_103075_7

X-WINGのトップビュー、フロントビュー、サイドビューが描かれており、サイドビューは全て0.1㎜の配線パターンで描き、機体の傍らにはR2-D2がデザインされています。X-WINGデザインでは、合計30個の電子部品を実装。価格は各1万1880円。サイズ/質量:W98×H62×D4.5㎜/25g

↑黒、白、緑の3色をラインナップ
↑黒、白、緑の3色をラインナップ

 

東京路線図やX-WINGのほか、関西、京都、パリの路線図も好評発売中です。ニューヨークの路線図は6月下旬発売される予定。

 

基板でデザインされたオシャレなICカードケース。改札のタッチ時に赤色LEDが光るため、改札を通るのがついつい楽しくなってしまうかもしれませんね。

 

【URL】
電子技販 http://www.denshi-gihan.co.jp/moeco

TAG
SHARE ON