ライフスタイル
2016/6/10 11:36

【サイバーエージェント会社訪問】~エントランスの机の長さからペットボトルの形まで~常に話題性とネタを提供する新オフィス「シャトーアメーバ」

ヨシムラヒロムの一階通信 第七階 株式会社サイバーエージェント シャトーアメーバ

 

連載「一階通信」ではエントランス部分から見える企業の顔を取り上げる。1階にエントランスがない企業も多々あるが、それはご愛嬌。受付や入口があるフロアを総じて『1階』と呼び、エントランスから企業を紐解く。今回は、サイバーエージェントの新オフィス「シャトーアメーバ」を一階通信させてもらった。

 

【バックナンバーはコチラ

 

最近「フリースタイルダンジョン」に夢中だ。即興のラップバトルをする、いままでになかったスタイルのTV番組である。挑戦者のラッパーが、有名ラッパーに4人連続で勝つと賞金100万円が貰えるというシステム。ラップを知らない方にざっくりと説明をすると、音楽に乗せて口ゲンカが強い人達がタイマンするってこと。あまり伝わっていない気もするが、日本最高峰の口ゲンカって、どんなんか興味ありません?

 

「フリースタイルダンジョン」はテレビ朝日の火曜1:26〜1:56に放送されているが、TVで見ることはほぼない。「AbemaTV」で見るのが、もっぱらだ。

 

「AbemaTV」とは、サイバーエージェントとテレビ朝日が作ったインターネットテレビ局。「フリースタイルダンジョン」はサイバーエージェントが運営をするAmebaが企画協力をしている。イチ押しの番組だからか、TV放送終了すぐに「AbemaTV」で配信される神対応。ほぼタイムラグなく見れるので、TVが事務所にない僕にとっては、この上ないありがたさだ。

 

渋谷にあるコンクリート打ちっぱなしの建物。ここが今回の目的地「シャトーアメーバ」だ。直訳するとアメーバ城。「AbemaTV」専用のスタジオとオフィスが入るサイバーエージェントの新しい拠点である。この場所を起点に、クリエティブなコンテンツを発表してくらしい。

 

ca20160531-04 (3)

1階にあるエントランスは、巨大なガラス張り。そのガラスの透明度の高さに、初見はどこから入っていいか分からなかった。実は一部が自動ドアとなっており、縦3mのガラスがゆっくりとスライドして開く。まず、それだけで面白い。

 

なかに入ると、「シンプルかつスタイリッシュ」なんて言葉を使いたくなるエントランスが待っていた。真っ白なタイル壁とあえて使い古した木材を使ったフローリング、空間美が素晴らしい。凝りに凝って作ったエントランスってことが、誰でもわかる。「すげぇな」とつぶやくと、広報の上村さんが「そうですね。著名なクリエティブディレクターNIGO氏の監修なんです」と言うから納得。社長の藤田 晋氏とNIGO氏の親交が深いそうだ。

 

エントランスの多くを占めるのが、横幅10m長ある巨大なテーブル。イラスト見てもらうとわかるように、このテーブルが受付と待合を兼ねる。受付の後ろには「シャトーアメーバ」の大きなロゴマーク。「この建物のためにロゴも作ったんですよ」と上村さん。相当、こだわって作ったため、ビルを借りてからオープンするまで1年以上かかった。

 

取材時、待合では社員の方が作業中。その様子を見て、このスペースは開放的だから外部と社員が交流する社交場にもなるんだろうなぁと思った。テーブルの奥にあるガラスケースが、またイイ。飾られるのは、これまたNIGO氏がデザインしたサイバーエージェントのキャラクター「アベマ」犬にも熊にも見える不思議なキャラクターだ。金銀銅に光る大きな「アベマ」は社内で表彰された人がもらうトロフィー。正直、これは僕が貰えるわけじゃないからどうでもいい。

 

注目すべきは、中央の棚に置かれた緑色の「アベマ」のペットボトル。出演者、関係者のみに配られる非売品だ。ペットボトルのラベルのみを企業オリジナルに変えたものは知っている。しかし、カタチからオリジナルで作ったものは初めて見た!「アメバ」ペットボトル、造形のクオリティも高いから、絶対にお金かかっている。

 

「なんで、ココまでこだわって作るんですか?」と聞いた。

 

「この水はタレントの方にも配ります。そういった方々はSNSをやっていて、常に面白いことを探しているから、アベマのペットボトルを写真に撮ってあげてくれるんですよ」との答え。つまり広報の役目も果たしているんだな。明確な理由があり作られているんだ。僕も貰ったんだけど、確かに色々な人に自慢している。その下に飾られるのは「アベマ」の文鎮。こちらは「アベマ」の形状を生かしたユニークグッズだ。

 

「シャトーアメーバ」のエントランス、シンプルながら深い。壁が白く、ヌケが良い空間は、自然と心がフレッシュになる。「AbemaTV」を収録するタレントにとっても、自然とスイッチを切り替わる良い場所だろう。また、モノも少ないのでココで仕事すると捗りそうだなぁと思った。

 

【シャトーアメーバのみどろこまとめ】

①とにかく横に長いテーブル

ca20160531-04 (2)

 

②「アベマ」ペットボトル

ca20160531-04 (4)

 

③「アベマ」の文鎮

ca20160531-04 (5)

 

TAG
SHARE ON