ライフスタイル
2019/4/30 15:00

まだ行ったことない? 「SA&PA」のなかでも異彩を放つ施設3選

高速道路の休憩所と言えば、SA(サービスエリア)とPA(パーキングエリア)が大定番。ここでは特に“異世界感”を満喫できる、最新の施設をピックアップ!

 

まずは定番の高速道路の〝オアシス〟

刈谷ハイウェイオアシス

伊勢湾岸自動車道と一般道からアクセス可能。まず目を引く巨大な観覧車は、高さ60mで約12分間の空の旅を楽しめる(600円)。遊園地や温泉施設のほか、南知多の名産「えびせんべいの里」や、三河湾で上がった新鮮な魚介や野菜を直売する「産直市場おあしすファーム」など、個性的なショップが揃う。

 

【注目01】デラックストイレ

↑男性トイレはメタリックな質感、女性用トイレ(写真)は、絨毯敷きのウッディなデザイン。快適で思わず長居してしまいそう

 

【注目02】天然温泉

↑日帰り温泉施設「天然温泉かきつばた」には露天風呂や打たせ湯などが揃う。地下1200mから湧く湯は、冷え性などに効果的

 

【注目03】レトロな遊具施設

↑「岩ケ池公園」には、メリーゴーランドやゴーカート、ミニ汽車など、子どもが喜ぶアトラクションがいっぱい。入園は無料だ

 

【施設DATA】
住所:愛知県刈谷市東境町吉野55
電話:0566-35-0211

営業時間
飲食店:7:00~22:00(店舗により異なる)
観覧車:10:00~22:00
天然温泉かきつばた:9:00~23:00

 

パーキングエリアに江戸の街!? 鬼平犯科帳の世界が蘇る

羽生パーキングエリア(上り)

東北自動車道 羽生PA近くにはかつて、江戸への入り口である栗橋関所があった。それにちなんで、同PAの上りでは、江戸を象徴する人物として故・池波正太郎氏の「鬼平犯科帳」をイメージした江戸の町並みが再現されている。玉ひでやたいめいけんなどの老舗料理店が作るオリジナルメニューも堪能したい。

 

【これを堪能すべし!】

五鉄一本うどん800円

↑「鬼平」の登場人物・木村忠吾が好んだといううどんを再現。温玉と絡めると絶品だ

 

人形焼き200円

↑江戸庶民にも愛された人形焼き。甘味でドライブの疲れを癒そう

 

【施設DATA】
住所:埼玉県羽生市弥勒字五軒1686
電話:048-566-1215
営業時間:飲食店10:00~21:00(店舗により異なる)、ショップ7:00~22:00

 

 

鈴鹿市の名産や三重県のグルメが揃う「PIT SUZUKA」が新オープン

鈴鹿パーキングエリア(上下線)

新名神高速道路 鈴鹿PA内に商業施設「PIT SUZUKA」がオープン。地域連携スペースには、モータースポーツ都市らしく、実際にレースに使われたF1カーや、日本グランプリ歴代優勝者の手形が展示されている。また、鈴鹿の伝統産業である鈴鹿墨を使用した作品展示や書道パフォーマンスなども見どころだ。

 

伊勢カレーうどん750円

↑もちもちとした伊勢うどんをカレー風味にアレンジした一品

 

鈴鹿墨味噌ラーメン980円

↑地元の小麦や食用墨を使ったオリジナルラーメン。スープは真っ黒だ

 

【施設DATA】
住所:三重県鈴鹿市山本町
営業時間:飲食店9:00~21:00(店舗により異なる)

 

TAG
SHARE ON