ライフスタイル
2019/5/8 21:45

“最強の城”はどこ?筋金入りの「城好き」芸能人の議論が激アツだった

昨年6月から半年おきに放送されている、NHKの「あなたも絶対行きたくなる! 日本最強の城スペシャル」。全国の城好きから寄せられたアンケートを元に、城好き芸能人たちが最も魅力的な城「最強の城」を議論・決定していくというユニークな歴史番組だ。去る5月3日にはその第3弾が放送された。

番組内より

インスタ映えも狙える3つの城とは?

まず特集されたのは、「SNS映えするフォトジェニックな城」。

 

最初に登場したのは大阪城(大阪府)。最大のフォトスポットは、およそ100万個の石で作られたという巨大な石垣だ。そのなかでも、厚み70cm、36畳ぶんの面積を持つという「蛸石」は特に圧巻。大阪城の門の近くには、このような巨大な石がいくつもあり、番組ではそれらをうまく撮影する方法も併せて紹介された。

 

続いて登場したのが、弘前城(青森県)。全国に12しかない、江戸時代以前の天守閣が現存する城のひとつである。その弘前城の定番のフォトスポットは朱塗りの橋から撮る天守だが、現在、天守は修復中で場所が移されているためそのスポットは使えない。そんないま、おすすめの撮影スポットが、本丸の展望台からのアングルだそう。ここから狙える、岩木山と天守を並べた1枚はとても美しい。

 

さらに、櫓が美しい明石城(兵庫県)。この城の本丸には、右手に巽櫓、左手に坤櫓(ひつじさるやぐら)が遺されている。この2つの櫓、そして石垣を1枚に収められるのがおすすめの撮影スポットだ。それぞれ違う方向を向いた2つの櫓が織りなす、芸術的な1枚は必見である。天守こそないが、ツウな城だ。

 

と、こんな感じで3つの城が紹介され、城好き芸能人である、高橋英樹さん、春風亭昇太さん、小日向えりさんが、どこの城こそが”最強”なのか激論を繰り広げていく。このお三方、ただの城好きではなく、実際に足を運んで見ているから議論が深い。また、奈良大学教授で歴史番組ではおなじみの、千田嘉博さんによる解説も興味深いものだ。

 

ネット上のハッシュタグ「#最強の城」では、「内容が深い!」と感嘆する声、「月一でやって!」と嘆願する声、そして「小早川隆景と今川義元と高橋英樹が城について熱く語っている」というなかなかにコアなものまで、様々なコメントが寄せられた。

 

さらに4城が登場!最強の城が決まる

これだけでは番組は終わらず、「アウトドアにぴったりな城」として、ユニークな石垣が多い”天空の要塞”・岡城(大分県)、のどかな自然公園のなかに遺る、土で作られた迷路・滝山城(東京都)が登場。さらには「守りの仕掛けがユニークな城」も紹介された。島原の乱の舞台となり、2018年には世界遺産となった天然の要害・原城(長崎県)、江戸時代最先端の軍事拠点・五稜郭(北海道)である。

 

これら7城が紹介されたところで、ゲストたちによる最強の城決定の討論が行われた。どの城が最強の城になったのかは是非、NHKオンデマンドで番組を見て確認していただきたい。

 

残念なことに、次回第4弾の放送や再放送は決まっていない「あなたも絶対行きたくなる! 日本最強の城スペシャル」。ぜひ早期の続編発表があるよう願ってやまない。

TAG
SHARE ON