ライフスタイル
2019/8/27 17:00

「たばこ」ってどうやって作られるの? 【前編・葉たばこ収穫からしてきた】

筆者は結構な愛煙家ですが、あるときたばこを吸いながらふと疑問に思ったことがありました。「たばこの葉っぱって、どうやってできているんだろう」と。当然“葉っぱ”が主体であることはわかりますが、それがどんな葉っぱであり、その収穫をした後どんな加工を行い、紙巻きされ、商品化されるのか……。

 

そんな素朴な疑問を抱いていた折、JTの定番銘柄であり今年50周年を迎えた、紙巻きたばこナンバーワンブランド「セブンスター」が一般ユーザーに向けた「Starlight Tour produced by DINING OUT」という葉たばこ収穫と手巻き体験ツアー(+プレミアムディナーまであるそう!)を開催。まさに愛煙家の筆者うってつけの企画です。

 

今回はこの「Starlight Tour produced by DINING OUT」(以下Starlight Tour)にお邪魔し、葉たばこの収穫と、手巻き体験をしてきました。そして、セブンスターを美味しく味わうことができるBBQコースも見学してきました。前編・後編に分けてお届けします。

 

茨城県某所で鮮やかに広がる葉たばこ畑

向かった先は、茨城県某所にあるJTファーム。JTが運営する葉たばこ畑近くにある施設です。近隣はかなり静かな地域で、「こんな場所に葉たばこ畑なんてあるの?」と思いましたが、施設近くに、一面に広がる葉たばこの畑がありました。

 

100センチ前後の高さまで育った葉たばこは、商品で見るそれとはまるで違い、鮮やかな緑色に輝いています。正直、教えてもらわなければ、これが葉たばこだとはまったく気付きません。この日は特別に葉たばこの収穫をさせてもらえるとのこと。もちろん、筆者も収穫させてもらいました。

↑一面に広がる綺麗な葉たばこ畑に入り、JTファームの方から説明を受ける参加者の皆さん

 

↑葉たばこを上から見た図。なんかサラダなどにも使えそうな綺麗な緑色をしていますが、これはれっきとした葉たばこです。葉たばこの苗を植えてから、ここまで育つまで約2~3か月かかるそうです

 

↑葉たばこの生育状況に併せて収穫をしていきます。その日は下から順に3枚程度を収穫

 

↑さっそく参加者の皆さんと一緒に筆者も取ってみることに

 

↑目当ての葉っぱの根っこをパキッ、パキッと折り、葉たばこの収穫を行います。しかし、これだけ大量の葉たばこですので、仕事として収穫をする場合は、足腰が結構キツくなりそうです

 

↑収穫したての葉っぱからは、いわゆるたばこらしい匂いは弱いものの、触ってみると、なんだかペトペトした感触。このペトペトが“ヤニ(葉面樹脂)”だそう。収穫した葉たばこは、つぶさないよう綺麗に梱包され、次の行程へと移っていきます

 

  1. 1
  2. 2
  3. 3
全文表示
TAG
SHARE ON