ライフスタイル
2016/6/20 17:18

テントとシェルターが融合した「シェルト」って何? 両者のいいとこどりで重量なんと500g以下

シェルターとはいわゆる簡易テントのことを呼びます。急なビバーク(登山中、緊急的に野営すること)が必要な局面に備えて携行するツェルトのようなもので、張り綱とペグを使用して設営。トラディショナルな登山家は、日帰り予定の山行でもツェルトかシェルターを装備に加えることがあります。居住性や強度はテントに比べると低いものですが、軽量なものがほとんど。しかし、2016年5月、シェルターの軽さとテントの居住性、その両方を兼ね備えた驚くべきアイテムが登場しました。

 

シェルターとテントの融合「シェルト」

20160619-a02 (7)

2014年6月に栃木県那須で産声をあげたガレージメーカー「Shelt(シェルト)」。代表の藤田さん自身が、信越トレイルというロングトレイルを4泊5日かけて歩いた際に、自分の望む日本の気候にあった軽量シェルターが欲しいと思い立ち、立ち上げたブランドです。シェルターとテントを合わせた製品を作ろうと、それらを組み合わせた「シェルト」という社名を付け、代表製品として誕生したのが「storm(ストーム)」です。

 

20160619-a02 (1)

自立式ではなく張り綱とペグで設営して空間を作る点でいえば、stormは間違いなくシェルターです。ただ、一般的なシェルターにはフロアがないものが多く、雨天時は室内に川ができてしまうこともしばしば。その点、stormはフロア一体型のためそのような心配は一切なく、テントのような密閉されている安心感があります。

 

20160619-a02 (2)

また、多くのシェルターはシングルウォール(幕一枚の構造)。室内の温度が外気温と差が出てくると結露し、寝袋が濡れてしまうといった難点があります。しかし、このstormはベンチレーター(換気を促す機能)がトップに1つ、下部両サイドに2つと計3か所備わっており、この弱点さえもクリアしています。

 

20160619-a02 (3)

ツェルトに比べて少ないものの、まったく結露をしないわけではないのですが、室内空間の広さのおかげで、内側の幕に触れることなく眠ることが可能です。写真でも分かると思いますが、サーマレストのマット(リッジレスト)が室内のちょうど半分で収まっています。最大2人でも使用できるこの広さを1人で使うのだから、シェルターとは思えない、ゆったりとした快適性が魅力なのです。

 

20160619-a02 (4)

また、出入り口の半面は防虫ネット付きの大きな窓になっており、ファスナーを開いて大胆に換気をすることができます。暖かい季節や標高の低い場所であれば、窓を開けっ放しで寝たっていいでしょう。ただし、このファスナーは内側からは開けられません。そこはやや億劫に感じた点でしょうか。

 

20160619-a02 (5)

天井には2か所、物が吊り下げられるようなリングが施されています。室内の居住性でいえば、テントと比べてもなんら見劣りしません。

 

20160619-a02 (6)

シェルターなのにテントのような居住性を持つstormですが、本体重量は485gと、500gを切る軽さ。最新の軽量テントでも1kg前後ですから、およそその半分。もちろん別途でポールが必要なのですが、トレッキングポールなら行動中にも使うものですから、シェルターの重さとしてはカウントされません。

 

個人的に嬉しいのは、ブラックダイヤモンドのウルトラディスタンスというモデルとの親和性です。これは、私が愛用しているトレッキングポールなのですが、長さを調節できないタイプの超軽量トレポなので、シェルターやツェルトのポールとして長さが足りないことも多々ありました。登山時は約1kgのテントとこのトレポ両方を持ち込んでいたので「減らしたい! 軽量化したい!」と常々思っていたところです。そのくせ、居住性が低いシェルターで寝たくないとも思っていたので、まさにコレな一品に出会えたことに感動しています。

 

テント泊登山で担いでいる荷物を少しでも減らしたいと思っている皆さん。テントのような居住性を、その半分の重量で実現してくれるstorm。これに切り替えるだけでかなりの軽量化が図れるので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

 

【製品情報】

価格:4万9000円

寸法:W240(フロア220cm)×H95(両サイド、カーボンロッド部35cm)×D100cm

重量:485g(ガイライン含む。ストック、ペグは含みません)

使用人数:1人用(最大2人可能)

本体カラー:チャコールグレー

止水ファスナー:イエローorレッドで選択可

内容:1.本体、2.ポール固定用ガイライン、3.スタッフサック

 

※注意

トレッキングポールは長さが約110cm前後に調節できるものをご用意ください。

最新バージョンのガイラインは片側一本で、調整用の自在が付いています。

 

【URL】

storm http://fujitajimusho.wix.com/shelt#!storm/c65q

TAG
SHARE ON