ライフスタイル
2019/12/29 18:30

GetNavi編集部が選ぶ「今年売れたモノ」&「マイベスト」【2019年版】

「令和」への改元や、ラグビーW杯での日本代表の躍進など、明るい話題が多かった2019年。市場を賑わせるヒット商品も大豊作でした!! GetNavi本誌の各ジャンルの担当編集者が「売れたモノ」と「マイベスト」を振り返ります。

 

【本誌フード担当/鈴木翔子が選ぶ売れたモノ】

第三次ブームを巻き起こした「タピオカドリンク」

タピオカ輸入量は上半期だけで前年の21倍に

SNSでは「#タピオカ」「#タピ活」なるハッシュタグも登場。タピオカ(代用品含む)の輸入量は2018年の約300tから2019年1〜7月で約6300tと激増しました。

 

 

【担当編集者のマイベスト】

自宅レモンサワー

果実の風味が引き立つ味を家飲みで楽しむ人が急増!

かつてEXILEがきっかけでブームになったレモンサワーが、2019年に家飲み商品として躍進。アルコール度数は5〜7%が中心で、老若男女問わず親しまれています。今回のブームの注目点はブランド内で複数の味を出していること。檸檬堂も、「鬼レモン」「塩レモン」など、味わいとアルコール度数が異なる4種類を楽しめます。

サントリースピリッツ

こだわり酒場のレモンサワー

実売価格156円

レモンを丸ごと漬け込んだ、レモン感抜群の本格派。年間計画を210万ケースから800万ケースに引き上げる大ヒットに。

 

コカ・コーラシステム

「檸檬堂」シリーズ

実売価格165円

すりおろしレモンと酒をなじませた「前割り製法」採用の同社初のアルコール飲料。九州限定商品でしたが好評につき全国発売へ。

 

【本誌ファッション担当/青木宏彰が選ぶ売れたモノ】

高コスパで注目の「WORKMAN Plus」

高機能ながらお手ごろ価格!女性が飛びつきヒット

プロ仕様の作業服を扱うワークマンが立ち上げた一般層向けの新業態。高機能で安く日常に使いやすい衣類が女性を中心に支持されました。1号店の開業半年の売り上げは計画の2.2倍でした。

 

Field Core

ストレッチソフトシェルジャケット

2500円

 

【担当編集者のマイベスト】

ウーノ フェイスカラー クリエイター

男性の肌悩みに応えメンズBBというカテゴリを牽引

女性用コスメではおなじみのBBクリームが男性用に全国発売。会議や取引先との打ち合わせなどビジネスシーンで使う人も多く、メンズコスメの本格普及を予感させます。

 

資生堂

ウーノ フェイスカラー クリエイター

実売価格1298円

肌色補正効果やスキンケア、紫外線防止など、マルチに肌カバーできる男性用BBクリーム。クマやヒゲの青みといった男性特有の悩みに対応し、発売8か月で累計出荷数20万個を超えるヒットを記録しました。

 

【本誌家電担当/青木宏彰の選ぶ売れたモノ】

昨年に続き人気を博した「ハンディファン」

フランフラン

フレ2WAYハンディファン

実売価格1980円

 

夏の猛暑の定番アイテムに!前年比7倍ペースで爆売れ!

夏の猛暑により、コンパクトな手持ち式扇風機が2019年も人気となり、もはや定番化。特に、フランフランの製品は屋外使用にも十分な風量とカラバリの豊富さで、前年の7倍のペースで売れました。

 

【担当編集者のマイベスト】

三菱ブレッドオーブン

モチモチの「生トースト」が注目を集め発売直後に完売!

高級食パンブームとも重なり、従来のトースターでは出せないモッチリふんわりの食感、そして1枚焼きという振り切ったコンセプトが話題を集めて入手困難となりました。

 

三菱電機

三菱ブレッドオーブン TO-ST1

実売価格3万3000円前後

「窯焼き直後の食パン」のおいしさが復活する“1枚焼き”トースター。 密封断熱構造で耳まで柔らかい食感に“蒸し焼き”します。3万円超えのプレミアム商品ながら、初回生産ぶんは即完売するほどの人気ぶりでした。

 

【本誌ゲーム担当/森 有史の選ぶ売れたモノ】

人気作品の最新作「ポケットモンスター ソード・シールド」

ポケモン

『ポケットモンスターソード・シールド』(Nintendo Switchソフト)

実売価格各6578円(パッケージ版)

 

『ポケモン』シリーズ最新作が初週売上600万本を突破!

超人気ゲーム『ポケットモンスター』シリーズ3年ぶりの完全新作。初週世界販売本数600万本を突破し、世界・国内ともにNintendo Switchソフトの最速・最多記録を更新しました。

 

【担当編集者のマイベスト】

DEATH STRANDING(デス・ストランディング)

名匠・小島秀夫監督の独創的過ぎる世界観が炸裂

依頼された荷物を運ぶというプレイヤー設定に最初「Uber Eatsかよ!」とツッコむも、物語、世界観、演出に引き込まれました。話の続きを知りたくてプレイし続けてしまいます。

SIE

「DEATH STRANDING(デス・ストランディング)」(PS4ソフト)

実売価格7590円(通常版)

数々の名作を生み出した小島秀夫監督が手掛けた注目作。舞台はすべての“つながり”が分断されたアメリカ大陸。伝説の配達人が危険に満ちた大陸を横断し、通信で全米をつなぐことを目指します。斬新な世界観と圧倒的な完成度に絶賛の声多数。

 

【本誌クルマ担当/上岡 篤の選ぶ売れたモノ】

4年ぶりの国内凱旋「トヨタ RAV4」

トヨタ

RAV4

265万6500円〜

 

国内凱旋早々に2万4000台を受注し人気の高さを証明した!

4年ぶりに国内凱旋、発売1か月で約2万4000台を受注した人気SUV。購入者の約4割が20〜30代で、高いオフロード性能やワイルドなデザインが若い世代にも受け入れられた。

 

【担当編集者のマイベスト】

急発進防止装置

東京都も費用を補助し後付け対応モデルが人気に

全国各地で発生し、社会問題化している高齢者のペダル踏み間違い事故。それを受けて多くの製品が登場しました。ポジティブではないものの、世相を反映したヒット商品です。

 

データシステム

アクセル見守り隊

実売価格4万円〜(ハーネス・取り付け工賃込み/税別)

アクセル信号を常時モニター。停車中や徐行中にアクセルペダルが急に踏み込まれた際、アクセル信号をアイドリング状態に。ペダル踏み間違いによる急発進を防止。既存車に後付けできるのが特徴で、東京都が購入費用の9割を補助する施策も後押しとなり、注文が殺到。2か月以上取り付け待ちの場合も。

 

【本誌日用品担当/保谷恵那の選ぶ売れたモノ】

プッシュボトルが斬新な「アタック ゼロ ワンハンドタイプ」

花王

アタック ゼロ ワンハンドタイプ

実売価格357円

 

“片手プッシュ”式がウケて発売半年弱で5200万本出荷

花王の定番洗濯洗剤がリニューアル。洗うたびに白くなる洗浄力と片手プッシュの使いやすさで、発売5か月半で5200万本を出荷しました。イケメン俳優5人を起用したCMも話題となりました。

 

 

【担当編集者のマイベスト】

DEOCO薬用ボディクレンズ

加齢臭などのニオイも洗い落とすボディソープ!

2019年5月に「オジサンがJKの香りになれる」とのブログがSNSで拡散し、男性が飛びつきました。ブログ掲載の翌週は前週の約4倍を売り上げ、売り切れ店が続出するほど人気に!

 

ロート製薬

DEOCO薬用ボディクレンズ

実売価格1100円(350mℓ)

年齢とともに変化する女性のニオイを落とす、自社オリジナルの洗浄技術を採用したボディソープ。白泥が毛穴の汚れを洗い流します。加齢臭などのニオイを洗い流せるというのが画期的でした。香料には、若い女性の甘い香り「ラクトン」を配合。

 

【本誌オーディオ担当/川内一史の選ぶ売れたモノ】

ついにノイキャン機能を備えた「AirPods Pro」

Apple

AirPods Pro

実売価格3万580円

 

待望のノイキャン対応で発売2日で月間シェア4位に!

AirPods待望のノイキャン対応モデル。シリーズ初のカナル型を採用し、課題の遮音性や装着感を改善しました。10月30日発売ながら同月の完全ワイヤレス販売シェア4位に食い込みました。

 

【担当編集者のマイベスト】

final E500

VRコンテンツの3D音源をより自然な音で楽しめる!

声優の小岩井ことりの「えっちなイヤホン」というツイートがバズり、異例の1万2000台以上を売り上げました。ASMRをよりリアルな音で楽しめる点もトレンド感満載!

 

final

E500

実売価格2200円

バイノーラル技術で音の再現度を高めたイヤホン。バイノーラル音源を従来のイヤホンで聴く際の高域の違和感を解消。音の方向感を再現でき、VRコンテンツなどが、よりリアルに楽しめると人気に。

 

【本誌デジタル担当/森 有史の選ぶ売れたモノ】

専用OSで進化を遂げた「iPad」

Apple

iPad(第7世代)

実売価格3万8280円〜

 

人気は衰え知らず!最新機種はより高コスパに

2019年第3四半期のiPad全体の市場シェアは26.5%で、前年同期より1.9ポイント拡大。9月末発売のiPad(第7世代)は新たにSmart Keyboardに対応、コスパの高さで人気です。

 

【担当編集者のマイベスト】

Echo Flex

コンセントに挿せばAlexaが暮らしをサポートしてくれる!

スピーカーとしては割り切った作りですが、IoT家電を使う音声入力端末と考えるとこのスタイルは超スマート。Echo端末同士で通話でき、屋内でトランシーバー代わりにも使えます。

 

Amazon.co.jp

Echo Flex

実売価格2980円

電源コンセントに挿すだけで使える、簡易スマートスピーカー。天気の確認やIoT家電の操作などが音声で行え、ハンズフリー通話もできます。底部に内蔵したUSB Type-Aポートでスマホの充電なども可能です。

 

TAG
SHARE ON