ライフスタイル
2020/2/10 19:00

再々発売となった「ピース・リトルシガー」にみる、ブランドとユーザーの理想の関係性

リトルシガーという嗜好品があり、そのカテゴリーでいま特に注目されている商品があることをご存知でしょうか。その名は「ピース・リトルシガー」。2017年に限定発売され、大好評を受けて翌年再発売。そして先日、2度目の復活となった銘柄です。

 

↑1月29日から全国の一部たばこ販売店で数量限定発売されている「ピース・リトルシガー」。20本入りで550円

 

その名の通り、たばこの名門「ピース」のシリーズですが、同ブランドはなぜここまで愛され続けているのでしょうか。販売前に開催された特別イベント「Peace Aroma Lounge 2020」の取材を通して、商品の特徴とともに作り手の想いや愛煙家との関係性を探りたいと思います。

 

限定品を中心に全種のテイスティングやウイスキーとのマリアージュも

同イベントは、抽選で当たったピースファンを招いて、復活する限定商品を中心にピースの魅力にふれるというもの。会場には関係者を含めた100人以上が集い、大きなにぎわいを生み出していました。

 

 

「ピース・リトルシガー」についても紹介しましょう。まず、リトルシガーというのは葉巻の一種で、紙巻たばこと似たルックスでありながら、紙ではなくシートたばこで巻いていることが大きな特徴です。

 

↑シートたばこは、葉たばこの微細原料をパルプに混ぜたシートのこと。紙に比べて質感は自然なタッチ、色は茶系になります

 

同商品はピースのDNAであるバージニア葉100%のブレンドにこだわり、まろやかで華やかな香り立ちと、ほのかに香ばしい味わいに仕上がっているのが魅力。前回、前々回に好評を得たテイストはそのままに復活する形となります。

 

会場内は全エリア喫煙可能。この日はそのうえ、特別なテイスティングルームも用意されていました。そこではピースの全ラインナップを味わえたり、ウイスキーとのマリアージュを試せたり。

 

↑用意されたウイスキーは、2016年設立のクラフトディスティラリーである、滋賀・長濱蒸溜所の「AMAHAGAN」から4種類

 

↑このウイスキーにはどのピースがベストマリアージュですか?という贅沢なアンケートも実施されました

 

ウイスキーのなかには、ピート(泥炭)による燻香が効いたスモーキーフレーバーが魅力の銘柄もあります。その意味では、たばことの相性がいいお酒といえるでしょう。

  1. 1
  2. 2
全文表示
TAG
SHARE ON