ライフスタイル
2016/8/19 14:00

【ピクシブ会社訪問】社員同士があだ名で呼び合う!? 会社に勢いをもたらす要因は明確な境界線を設けない社風にあった

ヨシムラヒロムの一階通信 第十一階 ピクシブ株式会社

 

連載「一階通信」ではエントランス部分から見える企業の顔を取り上げる。1階にエントランスがない企業も多々あるが、それはご愛嬌。受付や入口があるフロアを総じて「1階」と呼び、エントランスから企業を紐解く。今回はイラストに特化したSNS「pixiv」を運営するピクシブ株式会社を一階通信していく。

 

【関連記事】

蜂を飼っている企業や月のロゴマークでおなじみの企業も取材済み! 一階通信のバックナンバーはコチラ

 

■後輩のクチコミからすべては始まった

数年前から自分の職業を「イラストレーター」と名乗り始めた。格別、イラストの仕事をしていたわけではない。どちらかといえば、イラストの仕事が欲しいから自称を始めた。当初、たいした功績もないのに名刺の上で光る「イラストレーター」いう文字に引け目を感じる。

 

しかし、慣れとは恐ろしいもの。3年も経てば恥ずかしげもなく、初対面の人に「イラストレーターなんです」と名刺を渡せるようになった。そのころからポツポツ仕事もいただき、いまでも細々と「イラストレーター」業を営んでいる。

 

虚業ではなく、実業となったイラストレーター稼業。描いていると自然と同業者との交流も深まる。そんななか、後輩と話していると、頻繁に話題にのぼるのが「pixiv」である。彼らは、「pixiv」からイラストを描き始めたらしい。僕は、イラストを媒介にしたSNSってことは知っていたが、実際に見たことはなかった。家に帰ってサイトを見て驚愕! そこには、想像以上にレベルの高いイラストが並んでいた。これは面白いと丸々一晩「pixiv」を巡回。

 

翌朝、眠い目をこすりながら思った。“このSNS、どんな環境で作られんだろう……”と。その時、妙案が浮かぶ。そうだ! 一階通信で行けばいいんだ。職権乱用である。

 

■入った瞬間に会社の勢いを感じた

JR山手線「代々木駅」から徒歩10分ほど歩いたビルの2階、ここにイラストの総本山「pixiv」がある! 緊張しながらエレベーターに乗り、受付がある2階へ。ドアが開き、まず目に飛び込んできたのは壁に貼られた横1mはあるだろう巨大な絵馬の数々。そこに描かれるのは、もちろんイラストだ。

 

20160818-a10 (1)

その先にある受付の壁一面にも、絵馬が飾られていた。しかし、こちらは通常サイズ、ざっと見て100枚以上あるだろう。当然、すべてにイラストが描かれている。なかには、ももいろクローバーZが雑誌の企画でピクシブ株式会社のオフィスに訪れた際に描いたものもあった。

 

電話で広報の村松さんを呼び、社内へ通してもらう。そこで驚く! 社内にパーテーションがない。つまり、端から端まで社内が見渡せるのだ。「一応、ここがエントランスなんですが全体的にオープンな作りのため、明確な境界線はありません」と村松さんは話す。初めての仕様のエントランスだが、これもユニークで良い。

 

20160818-a10 (2)

「どうぞ」と案内されたのはカラフルなデスク。「この机は『新世紀エヴァンゲリオン』に出てくるキャラクターをイメージしたカラーリングになってるんです」と村松さん。MTGスペースに並ぶ3つのデスクも同様、それぞれ別のキャラクターをイメージしたカラーリングになっている。

 

その3つのデスクでは、ちょうど会議中。仕切りもないオープンな環境で、喧々諤々と行われている。それを横目に「すごいですね」と言うと、「ピクシブの打ち合わせは、基本的にオープンに行われているんですよ。自分の業務とは関係がなくても、気になった会議に参加して自分の意見を述べることができるんです」とのこと。

 

20160818-a10 (3)

また、ピクシブでは社員同士はすべてニックネームで呼び合う。広報の村松さんは、つくね好きということから「つくねん」と名乗っている。この人との距離の近さ、気軽さがピクシブ流なのだろう。

 

取材中、会議もピークを迎えたのだろう、社内の熱気がすごかった。村松さんは「いつもはもうちょっと静かなんですよ」と笑うが、社内から放出される熱量に圧倒される。同時に、社員数120人、平均年齢29歳、そして新卒社員19人を受け入れる、ピクシブという企業の勢いを感じたわけだ。

 

 

最後に、社内の隅に飾ってあった六面屏風について聞く。「自分のイラストからグッズを作れるサービス『pixiv FACTORY』のサンプルなんです」と村松さん。Tシャツやシールなどの小物から、大物の六面屏風まで作ることが可能とのこと。ちなみに六面屏風の場合35万円かかるそう。「作った人いるんですか?」と聞くと「まだですね……、けどこういった目玉がある方が楽しいじゃないですか!」と話す。やはり、ピクシブはスゴい!

 

 

【ピクシブ株式会社の一階通信見どころまとめ】

①100枚以上ある絵馬

20160818-a10 (1)

 

②エヴァカラーの机

20160818-a10 (2)

 

③お互いをニックネームで呼び合う社風

20160818-a10 (3)

TAG
SHARE ON