ライフスタイル
2016/11/6 12:00

【ペットのしつけ】マンションでワンちゃん・ネコちゃんと暮らすコツ

「犬や猫と一緒に暮らせたら楽しそう!」。そんな風に思っていながら、「マンション暮らしだから」とか「今まで経験がないから」と、自信がもてない方も多いのでは? そこで、動物は好きだけど今まで躊躇していた方のために、今回は東京、神奈川、千葉、埼玉に15店舗を展開するペットショップJOKERさんに、マンション内で犬や猫と暮らすコツや心構えを教えていただきました。

 

マンション住まいで初めてなら生後4か月以上くらいの子が飼いやすい

コンパニオンアニマルという言葉をご存知でしょうか? 伴侶動物と訳されることが多いようですが、ちょっぴり聞き慣れない日本語かもしれません。「家族の一員として一緒に暮らす動物たち」といえば、わかりやすいかもしれません。近年は心と心のつながりを強く持った大切な家族として、犬や猫とマンションなどの同じ住空間に暮らしている方が増えてきています。では、犬や猫とマンションで暮らすには、具体的にどんなことに気をつければよいのでしょうか? JOKER DOG & CAT AVENUE 二子玉川店の副店長・藤井 遼さんにお話を伺いました。

 

「まず、犬や猫を飼ってよいマンションであることが前提です。その上で、マンションのペット飼育規約等をきちんと守り、かつ他の住民の方と良好な信頼関係を築くことです。まわりの方と良好に仲良く暮らすためにマナーを守ること。そのためにしつけをすることが大切です。当店はしつけに力を入れていて、いくつかの項目に分けてお客様にもしつけの状態を表示しています。具体的には【トイレ】【甘噛み】【手入れ慣れ】【音響慣れ】【首輪・リード慣れ】【無駄吠え】です。マンションで飼うにあたってしつけで気を遣うのは、無駄吠えや甘噛みの可能性のある犬です。初めて飼われる方には、生まれてからある程度経っている犬をオススメします。だいたい生後4か月以上くらいが目安です。当店では他の犬との触れ合いの中で子犬を遊ばせます。そこで犬慣れすることで社会性が身に付き、その後のしつけがしやすくなるからです」

 

わが子に社会のルールを教えることはまわりの人に認められる第一歩

生後間もなくからの社会化期に他の犬と触れあうことで社会性が身に付き、しつけがしやすくなります
生後間もなくからの社会化期に他の犬と触れあうことで社会性が身に付き、しつけがしやすくなります

 

かわいい犬や猫を目の前にすると、つい甘やかしてしまうという方もいるでしょう。しかし、もともと野生動物を祖先とする犬や猫をしつけることは、仲良く暮らしていくために必要な知恵をつけることでもあるそうです。

 

「まずは飼い主さんの意識が大事です。『人間の子どもが1人増えたと思ってください』とよくお話しています。子どもは社会のルールを知りません。だから責任を持って教える。それと同じことです。また、犬の祖先である狼は野生では群れで生活しています。犬が順序づけをハッキリさせる動物なのは、その習性を引き継いだためです。そうした習性を知らずに甘やかしたばかりに、犬がリーダーになったと勘違いして飼い主さんを見下してしまうケースも一般的に見受けられますが、それはいけません。そのようにしつけを怠ったために、噛む犬、吠える犬、指示に従わない犬になってはほかほかの住民の方からも認めてもらえないでしょう。そうならないために、例えばご飯の順番も飼い主さんが食べ終わってから、犬が食べるなどのしつけが必要です」

 

もしもの災害時、避難時に備えて! しつけは安全のためでもあります

20161105-i02 (3)
猫も犬も狭くて暗い場所を寝床にするほうが落ち着きます。普段の生活から慣れさせて、箱型のハードキャリーの中を自分の大好きな居心地のいい場所にしてあげましょう!

 

犬や猫と家族同様に暮らすうえでは、もしもの災害にも備えておく必要があると、藤井さん。

 

「犬や猫の飼い主さんは、ご自身の防災・避難グッズと同様に、ワンちゃん、ネコちゃん用の防災・避難グッズを用意しておく必要があると思います。ドライフードは製造から1年くらいは持ちますので、そういったものを持ち出し袋にまとめておきましょう。避難所での集団生活を考えれば、トイレ関係の用品や消臭剤も入れておきましょう。

 

また、生活にメリハリをつける意味でも、防災の意味でも、箱型のハードキャリー(クレート)を寝床にすることを習慣づけるのも大切です。そうしたしつけができているからこそ、災害時にスムーズにハードキャリーに入ってくれて一緒に避難し守ることができるのです。初心者の方はハードキャリーを閉じ込める場所のようでかわいそうに思うかもしれませんが、そうではありません。しつけの行き届いた犬や猫は、実際はハードキャリーを巣穴のように大好きな場所だと思っています。安心できる心地いい場所にしてあげることは安全のためでもあるのです」

 

犬や猫と家族のように暮らすことは責任がともないます。食事を与えることはもちろん、オシッコやウンチなど排泄物の掃除も必ず必要です。そういったお世話があっても一緒に暮らすと楽しいし、愛犬、愛猫が幸せなら飼い主も幸せ。大切な家族なのですから守ってあげたいと思うのは当然です。最近は犬や猫と暮らしやすいように設計されたマンションも増えてきました。ドッグランなどの施設やワンちゃん、ネコちゃんと一緒もOKなレストランやホテルもたくさんできて、一緒に暮らしやすい環境も整ってきています。でも一番大切なのは飼い主さんの心掛け。あなたとの暮らしをエンジョイできるように、まわりの方とも仲良くできるように、ルールを教えながらしつけで愛情を注ぐ。その気持ちが大事なのです。

 

取材・文=ナナイロ社 撮影=岩井賢一

 

マンションで飼いやすいワンちゃん

ロングコート・チワワ

20161105-i02 (4)

サイズが最小クラスの犬種。よく鳴くイメージがありますが飼い主にはなつきやすいので警戒は吠えない。
原産地:メキシコ、成犬時平均体重1~3kg

 

ロングコート・チワワ

20161105-i02 (5)

サイズが最小クラスの犬種。よく鳴くイメージがありますが飼い主にはなつきやすいので警戒は吠えない。
原産地:メキシコ、成犬時平均体重1~3kg

 

トイ・プードル

20161105-i02 (6)

活発で賢い犬種。体重が軽く、毛が抜けにくいなど日本の住宅事情にも合っている。
原産地:フランス、成犬時平均体重3kg前後 男の子

 

ビジョン・フリーゼ

20161105-i02 (7)

笑顔が素敵な犬種。CMなどでも度々使われていて最近人気上昇中。毛が抜けにくいのでお手入れしやすい。
原産地:フランス、成犬時平均体重6kg前後

 

マンションで飼いやすいネコちゃん

アメリカン・ショートヘア

20161105-i02 (8)

順応性が高く情が深い。日本で最も人気のある猫の一種。
原産地:アメリカ、成犬時平均体重3~6kg

 

ラグドール

20161105-i02 (9)

多少大型だが性格が利口なのでマンションでも飼いやすい。
原産地:アメリカ、成犬時平均体重4~7kg

 

ブリティッシュ・ショートヘア

20161105-i02 (10)

丸みを帯びた体つきが特徴。性格も穏やか。
原産地:イギリス、成犬時平均体重3~5.5kg

 

エキゾチック・ショートヘア

20161105-i02 (11)

穏やかな性格で人なつっこい。
原産地:アメリカ、成犬時平均体重3~5.5kg

 

Shop Data

20161105-i02 (12)

JOKER DOG & CAT AVENUE 二子玉川店
〒158-0095 東京都世田谷区瀬田2-32-14 玉川高島屋S・CガーデンアイランドB1
TEL:03-3707-4112(トリミング直通:03-3707-4135)
営業時間:10:00~20:00
最寄駅:東急田園都市線/東急大井町線「二子玉川駅」下車 徒歩7分
http://www.joker.co.jp/

 

20161105-i02 (13)

適格なアドバイスをしてくれる副店長の藤井 遼さん。プライベートでも8歳からペットと暮らしていて、現在は犬7頭、猫2頭と暮らす

 

@Living INFORMATION

11月12日、13日の二日間、埼玉県越谷市のイオンレイクタウンアウトレット(JR越谷レイクタウン駅下車すぐ)で、ペットと暮らすイベントが開催されます。興味のある人はぜひ参加して、カワイイペットに癒されよう!

 

「PET’S MY LIFE!」
開催日 2016年11月12日(土)・13日(日)
場所 イオンレイクタウンアウトレット 空の広場
http://suumo.jp/

 

【URL】

何気ない日常を、大切な毎日に変えるウェブメディア「@Living(アットリビング)」

http://at-living.press

TAG
SHARE ON