ライフスタイル
2016/11/23 6:00

これ一台で我が家がビアホールに! こだわり派も納得のスタンド型ビアサーバーに限定モデルが新登場

グリーンハウスから「スタンド型ビアサーバー」の限定ゴールドモデル(GH-BEERF-GD)が11月下旬に発売。価格はオープンです。

20161122_y-koba_RR_R

本製品は、手軽にビアホールのようなクリーミーな泡を作り出せる家庭用ビアサーバー。このクリーミーな泡のヒミツは超音波振動にあります。徹底検証により導きだされた“40kHz”というビールを泡立てるのに最も適した周波数に設定されており、しかもプロペラ式や打撃式などと違って、非常にキメの細かいなめらかで長持ちする泡を作ることができます。

 

使い方は、缶ビールなどをそのまま本体に装着し、お店のビアサーバーのようにレバー倒して注ぐだけ。レバーを手間に倒せばビールが注がれ、レバーを奥に倒せばクリーミーな泡が出る、というようにレバーを倒す方向で液体と泡を切り替えることができます。

 

また、本品はガスなどを用意する必要はなく、単3形乾電池2本で動作します。さらに、スタンド型ビールサーバーを採用することで、ガラス製、金属製、陶製、木製などのさまざまなグラス・ジョッキを使用することができます。

 

ビールは、各社500mlまでの缶ビール、小瓶ビールに対応。ビールをセットしておく部分には、冷たさをキープ&冷却できる保冷剤が付属し、冷蔵庫で冷やしたビールをさらに冷やすことができます。

 

超音波できめ細かいクリーミーな泡を好きなだけ作れるスタンド型ビアサーバー。高級感のある金色メッキ仕上げのゴールドモデルで、プレミアムなビールを堪能してみてはいかがでしょうか。

 

【スペック】

●サイズ/質量:W145×H485.6×D228㎜/約1270g(保冷剤330g含む) ●電源:単3形アルカリ乾電池×2本(別売) ●本体動作電圧:3.0V ●耐熱温度:80℃ ●耐冷温度:-30℃ ●電池持続時間目安:約1時間

TAG
SHARE ON