ライフスタイル
2015/11/13 13:40

【祝!Surface Pro 4発売】さらにアンバサダープログラム立ち上げを記念し、恵比寿でレッツパーリィ

昨日、恵比寿にあるLIVING ROOMにて、「Surface Pro 4」発売とアンバサダーキックオフを記念したイベントが開催されました。

 

イベントには、すでに事前募集していた「Surfaceアンバサダープログラム」に登録した人のなかから、希望者約50人が参加。ある種のファンイベントの様相でした。

 

web151113_001
会場の様子。約50人のアンバサダーが来場し、「Surface Pro 4」の発売を祝いました

 

 

イベント参加条件として、ブログに商品もしくはイベントの感想などを書くというのがあり、みなさんブログやSNSに精通しているご様子。イベントで動きがあるごとに、スマホやタブレットを駆使して、実況されていました。

 

イベントは、日本マイクロソフト株式会社 本部長の三野達也氏の「Surface Pro 4」のプレゼンテーションから始まり、ゲストとの対談と展開。ゲストは、チームラボ株式会社共同創業者の堺 大輔氏、イラストレーターのjbstyle氏、アーティストのフランキー・スィーヒさんの3人。それぞれ仕事や創作活動での「Surface Pro 4」との関わりを話してくれていました。

 

web151113_002
新江ノ島水族館で行われた「ナイトワンダーアクアリウム2015」。それを手がけたチームラボの堺氏

 

web151113_003

 

web151113_004
マウスのみという独特の手法で描くイラストレーター、jbstyle氏。「Surface Pro 4」では始めてスタイラスペンに挑戦したとのこと

 

web151113_005

 

web151113_006
壁画を中心に活動する新進気鋭の画家。フランキー・スィーヒさん

 

web151113_007

 

圧巻だったのは、jb氏による、ライブパフォーマンス。実際にその場で「Surface Pro 4」を使って、イラストを描くというもの。実質10分程度しかなく、騒然とした会場内での創作は想像以上の大変さだったはず。

 

web151113_008
「Surface Pro 4」を使って、イラストを描くjb氏。10分足らずで見事イラストを描ききった。よく見るとウィンドウズマークや4が描き込まれている

 

web151113_009

 

会場には「Surface Pro 4」の試遊台を用意。アンバサダーの人たちが自由に触れるようになっていました。
試遊台では、Tシャツをデザインしてその場でプリントしたり、最新のデジタル・オーディオ・ワークステーションで音楽を楽しんだりでき、なかなかに好評でした。新しい試みとして開始したアンバサダープログラムは、順調な滑り出しといって良いのではないでしょうか。

 

デジタル・オーディオ・ワークステーションで音楽体験ができた
デジタル・オーディオ・ワークステーションで音楽体験ができた

 

Tシャツ作成では、フランキーさんが、直々に作成方法の手ほどきをし、アンバサダーを喜ばせた
Tシャツ作成では、フランキーさんが、直々に作成方法の手ほどきをし、アンバサダーを喜ばせた

 

日本マイクロソフトの三野本部長は「Surfaceはビジネスパーソンには支持され始めてきました。まだ、一般的には知られていないので、アンバサダーを通じてアピールをしていきたい。また、クリエイター予備軍である人たちにウィンドウズでもクリエイティビティなことができることも理解していただき、彼らの活動の後押しができればと思っています。こちらとしてもユーザーさんの意見を直接聞ける貴重な機会として捉えています。イベントは大小に関わらず、定期的に開催していきたいです」とアンバサダープログラムに対する意気込みと期待を語ってくれました。

 

日本マイクロソフトの三野本部長。マイクロソフトとしては木曜日の出荷は始めてだったとのこと。「13日の金曜日はやめてくれ」との会社の要望により、前倒しになったとか
日本マイクロソフトの三野本部長。マイクロソフトとしては木曜日の出荷は始めてだったとのこと。「13日の金曜日はやめてくれ」との会社の要望により、前倒しになったとか

 

 

文・写真/岡安 学

TAG
SHARE ON