アウトドア
2019/4/4 21:15

燻製ラバーに新たな選択肢。アンダー500円の「簡易スモーカー」がDCMから

DCMホールディングスは、使い捨てで手軽に燻製を楽しめる「DCMブランド 簡易スモーカー」を、全国のDCMカーマ・DCMダイキ・DCMホーマック・DCMサンワ・DCMくろがねや・ケーヨーデイツー店舗(一部店舗を除く)にて販売中です。

 

近年、燻製料理が食べられる飲食店が盛況となり、家電メーカーから家庭用の燻製器が発売されるなど、燻製が注目。そこでDCMでは、庭先やアウトドアのシーンでより手軽に燻製を楽しんでもらえるよう、使い捨ての燻製器をオリジナルブランドとして手ごろな価格で発売したといいます。

 

必要なものがセットに。ダンボール製の使い捨てで燻製が手軽に楽しめる。

「DCMブランド 簡易スモーカー」は、ダンボール製の本体・金棒・網・アルミ皿が一式セットになっているため、お好みのスモークウッドと食材を準備するだけで燻製を手軽に楽しむことができます。

 

使い方は、組み立てた箱型のダンボールに金棒・金網をセットし、火を付けたスモークウッドを置いて、金網の上に食材を乗せるだけ。フタを閉じて60分ほどで本格的な燻製が完成します(※:食材によって所要時間は異なる)。ダンボール製のため、使い終わった後の後片付けも簡単です。

 

このジャンルではSOTOの燻家(スモークハウス)が定番の商品ですが、それよりも手ごろな498円(税抜)で買えるのが特徴。初心者はもちろん、同時にいくつもの燻製料理を作りたいという玄人派の助けになってくれることでしょう。

 

【商品概要】

 

なお、持ち運びや収納に便利な「DCMブランド 折りたたみスモーカー」同時発売。

TAG
SHARE ON