アウトドア
2020/4/17 10:28

海外でも大人気! 刀のように鞘に収めるお箸「和武器 M」レビュー

新潟県燕三条で生まれ、国内のみならず海外にも根強いファンがいるアウトドアメーカー“スノーピーク”。テントやタープといったキャンプ用品などを展開する一方で、コンパクトに収納できるお箸「和武器 M」も人気を集めています。

 

 

ネット上の反応をチェックしてみると、「名前はもちろん、見た目もめちゃくちゃカッコいい!」「キャンプの時だけでなく、普段の食卓でも愛用してる」「今まで使ってきた箸の中で1番使いやすい」といったコメントが上がっていました。果たしてその実態とは…?

 

●普段の生活から愛用したくなる「和武器 M」(スノーピーク)

自分が気に入っているお箸でご飯を食べると、料理が一層美味しく感じられますよね。私も家のお箸にはこだわりを持っていますが、外でお弁当を食べる時は“割り箸”を使用しています。「どうせならお弁当用のお箸にもこだわりたい!」と思っていたところ、男心を揺さぶる商品を発見しました。その名も、「和武器 M」(3800円/税別)です。注目すべきポイントは、鞘に刀を収めるようお箸を収納できるところ。まずはケースからお箸を取り出してみましょう。

 

同商品の全長は約8(幅)×8(奥行)×205mm(高さ)で、重量は14gほどです。グリップの部分はステンレスで作られており、お箸の先端部は自然に優しい“竹”を採用。ずっしりとした重みを感じるため、かなり高級感があります。

 

 

材質や見た目をチェックしたところで、さっそく実証開始。まずはクルクルと回し、お箸を先端部とグリップとに分解します。

 

続いてグリップについている“キャップ”を外したら、先端部にセット。後はグリップの中へ挿入すれば、コンパクトに収納できますよ。実際に先端部をグリップに収納してみると、まるで鞘に“刀”を収めているような感覚に…。まさに「和武器 M」というネーミングにふさわしいアイテムです。ちなみにキャップは“四角形”に作られているため、転がる心配もありません。

 

 

 

機能性やスタイリッシュなフォルムが話題となり、ネットでは「かなりコンパクトに持ち運べるので、お弁当用にいつも使ってます! 洗礼されたデザインも素晴らしい」「コイツを使って食べると、キャンプ飯がさらに美味しく感じる!」「アウトドアはもちろん、普段から使いたくなるアイテム。男性なら絶対に気に入りますよ」などと大好評の様子。また同商品の公式ページでも、「2分割して刀のようにしまう姿は海外でも大人気です」と太鼓判を押していました。

 

持ち運びに便利なお箸を探している方は、ぜひこの機会に「和武器 M」を購入してみてはいかがでしょうか?

 

【フォトギャラリー(画像をタップすると閲覧できます)

TAG
SHARE ON