アウトドア
2020/4/20 10:30

“10年間ほったらかし”でも使用可能! ハンドルを回して充電する「長期保管型 手回し充電ラジオ」レビュー

1947年に設立した調理家電やアウトドアグッズなどを取り扱う老舗メーカー“山善”。同社の「長期保管型 手回し充電ラジオ」は、“10年間ほったらかし”でも手回しで起動するラジオです。

 

携帯電話まで充電できる同商品に対し、購入者からは「家に1つあれば、万が一の時にも安心だね」「多機能すぎて驚いた…。アウトドアシーンでも大活躍してくれますよ!」といったコメントが。大絶賛されていた実力を確かめるべく、実際にレビューしていきます。

 

●ハンドルを回せばバッテリーをチャージできる「長期保管型 手回し充電ラジオ」(山善)

アウトドアへ出かけた時に外で“ラジオ”を聴くと、非日常的な気分を味わえますよね。かくいう私もラジオ信者の1人ですが、先日愛用していたラジオが故障してしまいました…。新しいラジオを探していた矢先、発見したのが「長期保管型 手回し充電ラジオ」(5736円/税込)。長期間保存できる“コンデンサー充電池”が採用されており、ハンドルを回すだけでバッテリーをチャージできる代物です。それでは、パッケージを開けて使っていきましょう。

 

大きさはおおよそ130(幅)×40(奥行)×76mm(高さ)ほどで、手から少しはみ出るぐらいのサイズ感です。かなり頑丈に作られているものの、重量は220g程度。本体の他に付属品として、USBケーブル・ストラップ・携帯電話機接続プラグがついています。

 

フル充電する場合は、約2分(150回転分)ほどハンドルを回してください。根気が必要な作業かと思いきや、意外と簡単に充電できます。いざ側面のダイアルを回して選局してみると、見事スピーカーからラジオが流れてきました。ちなみにFMとAMで切り替え可能です。

 

同商品は携帯電話が充電できるところも魅力の1つ。防水キャップを外して付属のUSBケーブルをセットすれば、“micro Bタイプ”の携帯電話などを充電できます。さらに懐中電灯の代わりになるLEDライトも搭載。外で使用するのはもちろん、万が一に備えて家に常備しておくのもオススメですよ。

 

 

 

実際に「長期保管型 手回し充電ラジオ」を購入した人からは、「モバイルバッテリーや懐中電灯などの役割をすべて果たしてくれる」「ラジオとしてだけでなく、携帯の充電器としても使用できるところがGOOD」「10年間ほったらかしても使えるのは素晴らしい! 買って絶対に損しないアイテムです」といった声が上がっていました。

 

1台で何役も活躍してくれる同商品。ぜひこの機会にハンドルを回してラジオを聴いてみてはいかがでしょうか?

 

※価格は商品購入時のAmazon実売価格です。

 

【フォトギャラリー(画像をタップすると閲覧できます)

TAG
SHARE ON