アウトドア
2020/6/18 10:30

まさに次世代の電動ドライバー!? 直感的にネジを回せる「電ドラボール」レビュー

ドライバーやレンチといった“ハンドツール”を取り扱う「ベッセル」。同社で販売中の「電ドラボール」は、持ち運びに優れた電動ドライバーです。ネット上にも賞賛の声が続出しており、「普通のドライバーと大きさが変わらないのに電動…。すごい時代になったな」「日曜大工が趣味な人は絶対に使ってほしい」といった反響が続出中。使い心地を確かめるべく、さっそくレビューしていきます。

 

●ネジの“早締め”が超ラクチン!「電ドラボール」(ベッセル)

最近は家の中で過ごすことが多く、休日は“DIY”にハマっている私。“工具袋”を腰に巻いて作業してますが、トンカチやドライバーを入れて袋が少し邪魔くさく感じていました。中でもいつも使っている“電動ドライバー”はかなり重たいので、取り出すだけでもひと苦労…。そこで今回注目したアイテムが、「電ドラボール」です。

 

パっと見ただけでは、手回しのドライバーとほとんど変わらない同商品。しかし本体をUSBケーブルで充電すれば、電動ドライバーとして使用できます。本体の重量は約160g、全長がおよそ14cmとかなりコンパクトなサイズ感。一般的な電動ドライバーと違い、片手でも難なく持てるところが高ポイントですね。

 

 

パッケージの中には付属品として、5種類の“ビット”や“USB充電ケーブル”などが入っていました。ちなみに本体を約1時間充電すると、およそ40分ほど稼働する仕組みです。実際に使用する際は、バッテリーのチャージをお忘れなく。

 

さっそく、ネジを回して実力をチェック。まず早締めの段階では電動モーターでパパッと締めていきます。通常のドライバーのように手動でも回せるので、本締めの時は最後まで手でしっかりと回し切りましょう。はじめは「ネジを締めるパワーが弱そう…」と感じていましたが、小さな見た目に反して想像以上にパワフルな印象。本体には“高輝度LEDライト”が搭載されているので、暗い場所でも安心して作業できますよ。

 

 

 

実際に同商品を購入した人からは、「こんなにコンパクトな電動ドライバーは初めてみた!」「早締めと本締めでモーターを使い分けられるところが便利!」といったコメントが寄せられています。

 

持ち運びに便利な電動ドライバーをお探しの方は、ぜひ「電ドラボール」をゲットしてみてはいかが?

 

【フォトギャラリー(画像をタップすると閲覧できます)】

TAG
SHARE ON