アウトドア
2020/7/16 10:30

ポケットサイズのシャープニングキット! 刃の形状にフィットする「ブレードメディック シャープナー」レビュー

登山やスキー、キャンプなどに役立つアウトドア用品を手がける企業「飯塚カンパニー」。同社が販売する「ブレードメディック シャープナー」は、コンパクトサイズのシャープニングキットです。これ1本で様々なナイフを研げるため、ネット上では「サバイバルナイフのメンテナンスにうってつけだね!」と好評の声が。さっそく購入して性能を確かめたいと思います。

 

 

 

●ナイフの切れ味を簡単お手入れ!「ブレードメディック シャープナー」(飯塚カンパニー)

先日サバイバルナイフを使って、焚き火用のフェザースティック作りをしていた私。ところがナイフのお手入れをサボっていたのが仇となり、切れ味が悪くて大苦戦してしまいました。今後同じ失敗を繰り返さないように、ナイフ用のメンテナンスアイテムを調査。そこで発見したのが、携帯型のナイフ研ぎ「ブレードメディック シャープナー」(2900円/税抜)でした。

 

本体の大きさは約10(幅)×3.3(奥行き)×1.3cm(高さ)ほどで、重さは大体105g程度。ポケットに入れても邪魔にならないサイズ感です。小さな本体にはタングステンカーバイドや波刃シャープナーなど全4種類の研ぎ石がついており、様々なナイフのメンテナンスが可能。それでは実際にナイフを研いで、使い心地を確かめてみましょう。

 

使い方はナイフを“タングステンカーバイド”にセットし、刃を3~4回ほどスライドさせるだけ。2つの石が刃を左右から磨いてくれるおかげで、簡単に研ぎ作業が完了しました。仕上げ研ぎに適した“セラミックシャープニングロッド”もついているため、ツヤのあるきれいなナイフに仕上げることができますよ。

 

 

一方ノコギリのように形が複雑な刃を研ぎたい時には、“波刃シャープナー”や“ダイヤモンドテーパードロッド”が便利。研ぎ石がスティック型に加工されているので、波状の刃のお手入れもラクチンです。

 

同商品を使用している人からは、「想像以上に切れ味がアップしてびっくり!」「薄くて持ち運びやすいのがありがたい」など好評の声が相次いでいます。刃の形状に合わせて切れ味をアップさせるシャープニングキットを、ぜひともチェックしてみてください。

 

【フォトギャラリー(画像をタップすると閲覧できます)

TAG
SHARE ON