アウトドア
2020/8/24 10:30

濡らして被るクールキャップ! 気化熱で体感温度を下げる「GETTCOLD’S クラブセリエ」レビュー

グローブや防護服など、高機能な繊維を採用した商品を製造する企業「帝健」。同社が販売している「GETTCOLD’S クラブセリエ」は、ひんやりとした被り心地を楽しめるクールキャップです。気化熱を利用して涼をとれる性能が注目を集め、ネット上では「猛暑を凌ぐにはぴったりの帽子だね!」「長時間被っててもほとんど蒸れませんよ」といった反響が。実際に試着して実力を確かめたいと思います。

 

●水で濡らしてから被る!? 気化熱でひんやり涼しい「GETTCOLD’S クラブセリエ」(帝健)

強烈な陽射しの下で過ごす時間の多いアウトドア。熱中症対策のために帽子の着用は欠かせませんよね。でも暑がりな私は、帽子を被っている時の“ムワ~ッ”とした熱気がどうにも苦手で…。「蒸れを感じず爽快に着用できる帽子はないか」と探していたところ、見つけたのが「GETTCOLD’S クラブセリエ」(3800円/税抜)でした。

 

ポリエステル製の生地で作られた同商品。サイズはフリータイプになっており、マジックテープを利用して大きさを調整することが可能です。吸湿性と放湿性の両方に優れているのが大きなポイント。汗による湿気を帽子が吸収して外に逃がしてくれるため、快適な被り心地をキープしてくれます。

 

生地に水を含ませてから被れば、さらにひんやりとした涼しさを味わえるのが最大の魅力。水分が蒸発する時の気化熱が周りの熱を奪っていくので、体感温度を大幅に下げることができます。それでは実際にキャップを被ってみましょう。

 

水で濡らして十分に絞れば準備完了。「水滴が気になるかも?」と不安でしたが、生地の吸水性が高いおかげで水が滴ってくることはありませんでした。段々と頭の温度が下がっていく感覚もGOOD。濡れたタオルを頭に巻いているかのような、ひんやりとした爽快感を体験できますよ。

 

ちなみにキャップのバイザーは型崩れしにくい特殊な加工が施されていて、絞った時に変形する心配もナシ。使用しない時はコンパクトに折り畳めるのもありがたいですね。

 

同商品を利用している人からは、「涼しさが段違いでびっくり!」「被った時の生地の冷たさがたまらない」など好評の声が相次いでいました。気化熱で体感温度を下げる高性能キャップを、ぜひともお試しあれ。

 

【フォトギャラリー(画像をタップすると閲覧できます)

TAG
SHARE ON