アウトドア
2021/1/22 10:30

瓶に直接入れられるスリムな保冷グッズ! 「相葉マナブ」で紹介された「ボトルビール用アイスロッド」レビュー

1991年に設立された「グリーンハウス」はパソコン周辺機器を中心に、家電やキッチングッズなど生活を便利にする商品を幅広く取り扱っている企業。以前放送された「相葉マナブ」で、バーベキューの際に使える便利グッズとして紹介されたのが同社の「ボトルビール用アイスロッド」です。SNSでも「瓶にそのまま使えるなんて画期的!」「見た目もスマートでおしゃれ」と好評の声が多数。どんな使い方ができるアイテムなのか、さっそくレビューしていきましょう。

 

【フォトギャラリー(画像をタップすると閲覧できます)】

 

●ボトルに入れるだけで保冷できる「ボトルビール用アイスロッド」(グリーンハウス)

キャンプ場で飲むビールは、缶よりも瓶に入ったものがお気に入り。しかし瓶だけでもそれなりの重さがあるため、氷と一緒にクーラーボックスで運ぶとかなりの重量になってしまいます。川の流水で冷やす方法を試したこともあるのですが、飲んでいるうちにぬるくなるのが難点。そんな時にネットで見つけたのが細長い形の「ボトルビール用アイスロッド」(380円/税込)です。

 

ステンレス鋼製の細長い棒に、ドーナツ型の飲み口がついた形の同商品。大きさは35(幅)×35(奥行)×214mm(高さ)ほどで、高さ210mm以上のボトルに対応しています。

 

使い方は、ロッドを冷凍庫で凍らせてボトルに入れるだけ。一晩凍らせたロッドはとても冷たく、しっかりビールを冷やしてくれました。飲むときはそのままグラスに注ぐか、直接口をつけて飲んでもOK。氷と違って中身を薄める心配もなく、長時間冷たくておいしいドリンクを楽しめますよ。

 

 

使い終わったら丸洗いできるうえに、何度も繰り返し使えて経済的。重量もわずか92gと軽量で、持ち運ぶ際もストレスになりません。対応サイズの範囲内であれば、ワインや日本酒を冷やすことも可能です。

 

愛用している人からは、「きちんと冷やせるうえにスマートに飲めて助かる」「思ったより長い時間保冷力がありました」といった声が。持ち運びに便利な「ボトルビール用アイスロッド」で、いつでも冷たい瓶ドリンクを楽しみたいですね。

 

※価格は商品購入時のAmazon実売価格です。

TAG
SHARE ON