アウトドア
2021/3/4 10:30

グッドデザイン賞を受賞したアウトドア用エプロン! キャンプ用品をたくさん収納できる「キャンプエプロン」レビュー

テントやシュラフ、調理器具など、キャンプに便利な商品を数多く取り揃えている「テンマクデザイン」。同社の「キャンプエプロン」は、一般的なエプロンよりも丈夫な生地で作られている頼もしいエプロンです。シンプルながらも多様性のあるデザインが評価され、2017年度には「グッドデザイン賞」を受賞。SNSでも「男女問わず使えるデザインですごく便利」「必要なものを全部ここに収納できる」と好評のアイテムについて、詳しくレビューしていきましょう。

 

【フォトギャラリー(画像をタップすると閲覧できます)】

 

●丈夫で収納力抜群な「キャンプエプロン」(テンマクデザイン)

キャンプではコンロではなく薪や炭で起こした火を使うため、料理をする際はなるべく汚れが気にならない服装がベスト。自宅と同じようにエプロンをつける人もいますが、薄手の生地だと燃えやすいため私は何もつけません。ところが先日、ネットで「キャンプエプロン」(4048円/税込)を発見。キャンプでの使用に特化したエプロンと聞いて、迷わず購入しました。

 

バッグなどによく使われる耐久性の高い帆布を、エプロンの形に仕立てた同商品。サイズは80(幅)×78cm(長さ)で、上部のループを首にかけてウエストでベルトを結ぶタイプのエプロンです。

 

さっそく着用してみたところ、普段使っているエプロンより厚みがあってオーバーオールのような着心地。少し重さがありので、風でめくれる心配がなく屋外での作業にピッタリ。

 

エプロンの正面には大きなポケットがあり、収納力も抜群。タオルやハンマーを吊れるデイジーチェーンやナイフケースを取りつけられる革製のベルトなど、必要なアイテムを使いやすいところに仕舞うための工夫が満載でした。

 

さらにエプロンの裾には太めの枝を通せるループが縫いつけられていて、焚き木を運ぶログキャリーとして使うことも。キャンプだけでなくDIYやガーデニングにも役立つエプロンですよ。

 

購入した人からは、「生地がしっかりしているから火の粉や水はねも怖くない」「キャンプへ行ったら1日中つけっぱなしで過ごしてます」といった声が。屋外で活動をするときは、丈夫な「キャンプエプロン」で手際よく作業したいですね。

TAG
SHARE ON