スポーツ
サッカー
2017/12/8 22:00

さすがキングカズ!W杯の抽選会で一緒に食事をしたメンバーが豪華すぎる

先日、ロシアのモスクワで開催された2018年ワールドカップの組み合わせ抽選会。

ワールドカップ本大会に向けた一大イベントであることから、会場のクレムリンには世界中のレジェンドたちが集結。日本からは50歳でまだまだ現役!元日本代表の三浦知良(横浜FC)も出席した。

 

テレビの中継映像ではカズの姿は確認できなかったが、やはり現地で交流を深めていたようだ。ロナウジーニョのInstagramを見てみると……。

ディディエ・ドログバ、カルレス・プジョル、クラレンス・セードルフらと一緒に写るカズの姿が!

 

カズはブラジルやイタリアでプレーした経験があり、ポルトガル語やイタリア語を話すことができる。この様子は晩餐会での一枚とのことで、やはり世界的なスターたちからも一目を置かれる存在なのだろう。さすが!

ちなみに、この中ではプジョルが組み合わせ抽選における大役、8人の「ドロワー」を務めていた。

TAG
SHARE ON