スポーツ
サッカー
2018/4/5 22:00

「あきらめたら、終わり」を実演しちゃったサッカー選手が話題

今年6月から「新装再編版」が刊行されることが明らかとなった名作バスケットボール漫画「スラムダンク」。作品のなかには数々の名セリフがあり、それらに再び触れられることを楽しみにしているファンは多いだろう。

 

そのなかでも印象深い“あのセリフ”を思い起こさせる、サッカーの試合で起きた「最後まであきらめちゃダメ!」なシーンが秘かに話題だ。

 

英5部、ウォーキング対マックルズフィールド・タウン戦。2-2で迎えた後半アディショナルタイムに……。

マックルズフィールド選手がゴールをゲットかと思いきや、ズブ濡れのピッチでボールがストップ。雨の試合あるあるだ。これはラッキー!

 

ところが、一番近くにいたウォーキングDFはすでに頭を抱えており、それに気付かず。慌ててGKがクリアを試みるも、相手選手が一足早く押し込み結局ゴールに……。

 

ウォーキングは数分前に同点に追いついていたのだが、この無念の失点により、2-3で敗戦。

 

直近の試合にも敗れており、ここ9試合勝ちがない(2分7敗)。この場面で失点を阻止できていれば、ツキが巡ってきたかもしれないが……やはり勝てないチームにはそれなりの理由があるということかもしれない。

TAG
SHARE ON