スポーツ
サッカー
2018/4/21 22:00

アメリカのサッカーファンも凄い! 4.5万人の大観衆が見せた“手拍子”が鳥肌モノ

新シーズンが開幕し1ヶ月弱が経過したアメリカのMLS。元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチのロサンゼルス・ギャラクシー加入も注目を集めている。

 

そうしたなか、4月15日に行われたアトランタ・ユナイテッド対ニューヨーク・シティFCの試合では、スタジアムがもの凄い雰囲気に包まれていた!

メルセデス・ベンツ・スタジアムに詰めかけた4万5001人の大観衆。彼らが一体となって見せたのは「バイキング・クラッピング」だ。

 

EURO2016でアイスランド代表サポーターが見せ、一大ムーブメントになったパフォーマンスだが、スタジアムの全員でやるケースはかなり珍しい。ちなみに手拍子に合わせてコールしているのは、アトランタの略称“A・T・L”である。

ファンが一斉にライトアップするパフォーマンスなども! 最高の雰囲気だ。以下は試合のハイライト。

アトランタ・ユナイテッドは昨年MLSに参入したばかりの新興チームだが、スタジアムをNFLのアトランタ・ファルコンズと共用しており、チームカラーもほぼ一緒。シアトルのシーホークス(NFL)&サウンダーズ(MLS)同様、NFLのオフシーズンにサッカーを応援するスタイルがアトランタの街でもハマっていて、昨シーズンはリーグ最多となる1試合平均4万8200人の動員に成功した。

 

今年新たにロサンゼルスFCが参入し、23チームになったMLS。今後もこの勢いは続いていきそうである。

TAG
SHARE ON