スポーツ
サッカー
2018/5/14 22:00

イブラ効果? アメリカで信じられない「40メートル超絶ボレー弾」が決まる

ズラタン・イブラヒモヴィッチ(LAギャラクシー)に続き、元イングランド代表のウェイン・ルーニーも加入かと話題のMLS。

 

その実質的な2部リーグとなっているUSLで先日、ものすごいゴールが決まった。

 

舞台はオタワ・ヒューリー対FCシンシナティの一戦。0-0で迎えた68分、相手DFがヘディングで跳ね返したボールを……。

ハーフウェイラインを少し越えたあたりから、なんとダイレクトでシュート!

 

40メートル超の仰天ボレーを決めたのは、シンシナティMFケニー・ウォーカー。29歳のアメリカ人選手が決めたスーパーゴールは、あのESPNの『SportsCenter』でも取り上げられるほど衝撃的な一撃だった。

相手監督も「ファンタスティックなゴールだった。世界中の多くのリーグでお目に掛かれないものだ」と脱帽していたそう。

 

そういえば、イブラヒモヴィッチのギャラクシー移籍後初ゴールもこんな感じだった。

今回のゴールと同じような弾道……。これも“イブラ効果”といえるのかもしれない。

TAG
SHARE ON