スポーツ
サッカー
2018/7/5 19:13

ベルギーGKが決勝点について解説。「あれは自分の武器の1つさ」

ロシアワールドカップ、ベルギー戦で痛恨の逆転負けを喫した日本代表。その決勝点は、日本のコーナーキックから始まったベルギーのカウンターだった。

本田圭佑のコーナーキックをキャッチしてカウンターの起点になったGKティボー・クルトワは、この場面についてこう解説していたという。『Sporza』や『nieuwsblad』などが伝えている。

 

ティボー・クルトワ(ベルギー代表GK)
「あれは自分の武器のひとつさ。自分はホンダのコーナーをセーブした。あのコーナー、多くのGKは弾くだろう。でも自分はボールをキャッチしにいった。あのボールを掴んで、ああいう風にできるGKはそう多くはない。そして、ケヴィン(・デ・ブライネ)が走るのが見えたので、『彼にボールを渡さなきゃ』と思ったんだ。チェルシーでああいう切り換えをよく練習しているのさ」

 

チェルシーであの形は練習しているとしつつ、自らのキャッチング力とディストリビューション能力を誇っていたようだ。

 

コーナーキックからのカウンターは定石の一つ。それを、あの場面で完遂したベルギー選手、そして一歩遅れてしまった日本選手という“差”が、後半アディショナルタイムでの決着という結果につながってしまった。

とはいえ、チェルシーで活躍する世界的守護神の実力は、やはり素晴らしいものだった。

日本を破ったベルギーは現地時間7月6日の準々決勝でブラジルと対戦する。

TAG
SHARE ON