スポーツ
サッカー
2019/2/8 21:15

香川真司、トルコで「日本式」に出迎えられる! 英語で答えたインタビューも

現地時間2月3日に行われたトルコリーグのアンタルヤスポル戦で途中出場し、ベシクタシュでのデビューを飾った香川真司。

 

チームに加入してから数日という状況での投入だったが、ファーストタッチでいきなり移籍後初ゴールを決めると、その2分後にもフリーキックを叩き込んで2ゴールを奪取。衝撃的なデビュー戦となった。

香川は試合後、この日の主役の一人としてメディアによるインタビューへ。すると、先に取材を受けていたチームメイトから“ジャパニーズスタイル”でのお出迎えを受けた。

合流から間もないにもかかわらず、すでに打ち解けている雰囲気。海外生活が長いだけにさすがといえる。インタビューでもトルコ語から英語の通訳を通して以下のように答えていた。

 

香川真司
「言葉が見つからないよ。信じられない。とても幸せだ。わずか3分でゴールなんてね。夢のようだ。幸せだよ」

 

(こんなことが起こるとは)

「僕もそう思うよ。わからないね。僕も期待していなかった。最初のタッチでゴールなんてね。ただラッキーだった。今日は幸運だった」

 

(フリーキックも素晴らしかった)

「そうだね。それもラッキーだった。シュートは強くなかったが、キーパーが逆のサイドに動いていたから。幸運だった。しかし、もっと練習が必要だよ。もっと練習して、ただ日々成長していかないといけない」

新天地で最高のスタートを切った「ボスポラスのサムライ」香川。年齢的にもまだ29歳であり、クラブで試合出場を重ね、日本代表への復帰を期待したいところだ。

TAG
SHARE ON