スポーツ
サッカー
2019/3/19 17:30

もはやアート! 元日本代表監督たちがかつて率いた中国チームの新ユニフォームが素敵

昨シーズンの中国2部(甲級)リーグで3位となり、惜しくも1部昇格を逃した浙江緑城。

 

かつての名は杭州緑城で、岡田武史氏やフィリップ・トルシエ氏といった元日本代表監督が指揮を執り、2013年には大黒将志(現・栃木SC)がプレーしたクラブだ。

 

その浙江が3月4日、新シーズンに向けたユニフォームを発表。伝統のグリーンを基調としながらも、かなり大胆でアーティスティックなデザインが登場した。

 

■Zhejiang Greentown 2019 Anta Sports

本当にユニフォームか? と疑いたくなるようなNEWキット。チームの本拠地である杭州市が誇る世界的な観光名所「杭州西湖」の風景を、シャツ全体にグリーンの色調で写し出す。

 

中国八大古都の一つに数えられる杭州市。「杭州西湖の文化的景観」はユネスコの世界文化遺産にも登録されている。

 

橋の向こうに見えるのは、西湖を代表する建物の「雷峰塔」。オリジナルは975年建立だが現在は復元された新しい建物で、エレベーターが備わっているとか。

 

この建物は有名な鳥居。グラフィックは濃淡を付けた色のトーンで、単調にならないように工夫がなされている。

 

アウェイキットはホワイトを基調に、グラフィックをチームカラーのグリーンで彩る。前面に大きく写し出されているのは、西湖十景に数えられる「三潭印月」の石灯籠。

 

日本では杭州緑城の名で知られるクラブだが、2018年の創設20周年を機に、チーム名を創設当時の浙江緑城足球倶楽部に戻し、同時にエンブレムも変更となった。

 

選手着用ユニフォームには日本企業「Panasonic/松下卫浴」のスポンサーロゴが胸に入るのだが(※卫浴はバスルームのこと)、このデザインはできればスポンサー無しで楽しみたい。

 

TAG
SHARE ON