スポーツ
サッカー
2019/8/9 18:15

久保建英が着用した“未来チック”なレアル・マドリーのユニフォームはこれ

スペイン1部のレアル・マドリーとキットサプライヤーのadidasが発表した、2019-20シーズンに向けた新サードユニフォームが、7月末に開催されたアウディカップ2019で実戦デビューを果たし、日本代表の久保建英もさっそく袖を通していた。

 

【関連記事】
サッカー史上初! なんと「竹製」の仰天ユニフォームが完成したぞ

 

フィールドプレーヤー用としては馴染みの薄い、色鮮やかなグリーンを採用したこのユニフォーム。特徴的なカラーは、クラブの“未来・テクノロジー”をイメージしたものとなっている。

 

 

■Real Madrid 2019-20 adidas Third

NEWサードキットはミントグリーン(正規名称はハイレスグリーン)をベースカラーに、ネイビーとホワイトの差し色というスタイル。スポンサーロゴやエンブレムなどもネイビーで彩られており、全体的に統一感のあるデザインだ。

 

少々意外な感じがするミントグリーンの理由だが、これはサンティアゴ・ベルナベウの「技術革新の中心を担う未来のテクノロジーと進化」に触発された色。老朽化が進むサンティアゴ・ベルナベウは、未来のデジタルスタジアムを目指し、今夏から大規模な改修工事に着手する予定となっている。

 

パンツとソックスもミントグリーンを基調とし、差し色にネイビーを配するデザイン。ほぼ全身グリーンのコンプリートルックとなる。

 

レアル・マドリーは昨年12月、クラブNo.1を決めるFIFAクラブワールドカップで優勝。そのため、今シーズンも同大会が開催される12月までの間は、タイトルホルダーの証であるチャンピオンバッジを右胸に付けることになる。

 

【関連記事】
木梨憲武デザインのガンバ大阪「GAMBA EXPOユニフォーム」が芸術的すぎる!

 

TAG
SHARE ON