スポーツ
2019/12/12 22:30

前代未聞の数だ! 羽生結弦の演技後に投げ込まれたプーさんの量がエグすぎると話題

今月、イタリアで行われたフィギュアスケートのグランプリファイナル。グランプリシリーズのポイント上位6人による頂上決戦に、日本からは紀平梨花と羽生結弦が参加した。

 

女子シングルではロシアのアリョーナ・コストルナヤが、男子シングルではアメリカのネイサン・チェンがそれぞれ優勝。日本勢は、紀平が4位、羽生が2位と惜しくも頂点に輝くことはできなかった。王座奪還を狙っていた羽生だったが、ショートプログラムでトップと13点近いスコア差をつけられる厳しい展開に。しかし、逆転を狙いフリーで4回転を5本入れる構成にする意欲的な姿勢で食らいついた。点数差こそは開いたものの、今後の競技人生の糧となるような大会となっただろう。

 

 

今大会、演技もさることながら羽生に対してはもう1つ注目が集まったトピックがあった。それが、演技後にリンクに投げ込まれたプレゼント。大会中に25歳の誕生日を迎えたことから、多くのファンが羽生に向けてのプレゼントを用意していたのだ。しかも、そのほとんどが「プーさん」の人形。大のプーさん好きで知られている羽生に対して、演技終了後にプーさんの人形を投げ込むのはフィギュアファンの中ではもはや恒例となっているものの、今大会はその量がすごい!まるで、何かのテーマパークなのかと思うほどのプーさんの量に、プレゼントを回収するフラワーガールも大忙しの様子だ。

 

 

女子シングルスで優勝した、コルトルナヤの映像と比べてみても羽生に対して投げ込まれたプレゼントの量がどれだけのものだったかがわかるだろう。

 

 

それにしても、この「プーさんセレモニー」の後に演技するネイサン・チェンもなかなかの精神力だ。それすらはねのけて優勝してしまうのだから、今大会での彼は圧巻の強さだったと言うしかないのだろう。

TAG
SHARE ON