スポーツ
2021/6/15 10:45

トップアスリートから機長まで! 日本新記録更新の山縣亮太に各界からお祝いが殺到

陸上の男子100メートルで9秒95の日本新記録を更新した、山縣亮太への祝福が止まらない。

 

 

鳥取のヤマタスポーツパーク陸上競技場で行われた「布勢スプリント2021」にて、日本人4人目の9秒台となる新記録9秒95を記録した山縣。公認ギリギリの“追い風2メートル”での記録達成に、人もまばらだったスタンドが大いに沸いた。山縣も自身のSNSで喜びと感謝のメッセージを更新。「まだこれがスタートラインなので、引き続き頑張ります。」と、さらなる記録更新とオリンピック出場への意気込みを表明した。

 

 

「長年の夢だった」という9秒台に加え、サニブラウン アブデルハキームの記録を0.02秒更新する日本新記録とあって、山縣にはネット上で各界から多数の祝福のメッセージが届いている。Bリーグ・千葉ジェッツに所属する富樫勇樹は「おめでとうございます!!!早すぎる(原文ママ)」と、いの一番にリプライを飛ばし山縣を祝福。これに対して山縣も「ありがとうございます!応援してます」と返信し、互いに健闘を讃えた。

 

 

さらに、エイバルに所属するサッカーの武藤嘉紀も「本当におめでとう」「すごすぎる!僕も頑張ります」と山縣を祝福。来季はニューカッスルからスペインリーグへの完全移籍を目指しているという報道もあるFWは、山縣の頑張りに触発されたようだ。

 

 

また、山縣が帰京する飛行機の機長も機内アナウンスで粋な祝福を行い、乗客から拍手が送られるなど、まさにお祝いムード一色といった様子。記録更新を弾みに、6月24日から開催される日本選手権で東京オリンピックの出場権獲得を目指す。

TAG
SHARE ON