スポーツ
ゴルフ
2015/10/9 11:50

デキる男は使っている! 「キャロウェイゴルフ」の最新ゴルフクラブ3選

キャロウェイゴルフといえば世界最大のゴルフメーカーであり、先進的なゴルフクラブで多くのプロゴルファーの信頼を得てきたこのブランド。今回は最新ラインナップから特に気になる新製シリーズをピックアップしてご紹介したいと思います。

gnw150915_01_01

 

世界中のゴルファーに愛されたあのシリーズが帰って来た!

gnw150915_01_02

まず一つ目にご紹介するのが、「GREAT BIG BERTHA(グレート ビッグ バーサ) シリーズ」。1991年に発売された「初代 ビッグバーサ」はキャロウェイの名声を確立したともいえる伝説のドライバー。「ビッグバーサ」とは、第一次大戦時にドイツ軍が開発した革新的長距離砲の名前で、創業者のイリー・キャロウェイは「遠くへ、正確に打つことができるドライバー」が完成したらこの名前をつけようと密かに決めていたのだとか。

 

そんな歴史のある名を冠したこの「グレート ビッグ バーサ」には独自の「ペリメーター・ウエイティング」を新装備。フックやスライスといった弾道傾向をウェイト調整するだけで左右約18ヤードの修正が可能になる新機構がアベレージゴルファーには嬉しいドライバー。つまり「優しさを損なうことなく、直進性を手にいれる」ことができる1本なのです。レベルや好みによって5種類のシャフトからチョイスも可能、ぜひ「あなただけの1本」を探してみては?

 

GREAT BIG BERTHA ドライバーの詳細はコチラ

 

 

 

理想の弾道を求める上級者向けの最高峰のツアーモデル

gnw150915_01_03

この「BIG BERTHA ALPHA 816 シリーズ」は「BIG BERTHA ALPHA 815 シリーズ」の後継モデルで、最適な弾道や打点位置のフィット感をそのままに、最新技術を搭載させた上級者向けモデルです。

 

「グラビティコア」と呼ばれるピン状のウエイトをトゥ、ヒールどちらかにセットすることでドローやフェードといった球筋の打ち分けが可能に!また、「グラビティコア」の差し込み方向で初速とスピン量の調整も可能になります。

 

ラインアップにはドライバー、フェアウェイウッドが用意されており、いずれも調整機能を最大限に活用した、理想の弾道を求める上級者やプロ向けの最高峰のツアーモデルとなっています。

 

BIG BERTHA ALPHA 816 ドライバーの詳細はコチラ

 

BIG BERTHA ALPHA 816フェアウェイウッドの詳細はコチラ

 

 

安定したストロークを生み出すバランス調整可能のパター

gnw150915_01_04

「ODYSSEY WORKS CRUISER パター」は、各ゴルファーに適した重さやクラブバランスを設定できるモデルです。

 

調整可能なウェイトヘッドの重さを約365g~約385gで調整可能。「FUSION RXインサート」のフェースは、ソフトな打感ながらインパクトの際のボールのスリップを抑え、打ち出し角度の安定や、順回転を早くもたらしてくれます。

 

ODYSSEY WORKS CRUISER パターの詳細はコチラ

 

 

 

「CALLAWAY」の最新モデル3選はいかがでしたか? 秋のゴルフシーズンは「CALLAWAY」の最新モデルをお供に満喫してみてはいかがでしょうか。

TAG
SHARE ON