文房具
2015/12/24 16:25

水に濡れても破れない折り紙「オリエステル」で、子どもたちのカリスマになれる!?

いまも昔も子どもたちの遊び道具の定番である「おりがみ」。親戚同士が集まったときにも、世代を超えて楽しめますよね。しかしこのおりがみも、時代とともに着実に進化しているのです。

gnw_151210_02_01

東洋紡から発売される「オリエステルおりがみ」は、なんと水に濡れても大丈夫な素材をつかっている革命的おりがみ。

 

おりがみなのに、花瓶にもなる驚きの耐水性!

「ヨット」や「ふね」といった折り方は昔からあるものの、いざ川やお風呂に浮かべると、破れたり溶けたりして、当然ながらあえなく沈没……ということが当たり前でした。

gnw_151210_02_02

しかし特殊な素材で作られている「オリエステルおりがみ」は、水に濡れても破れないので、水のあるシチュエーションでも問題なし。おりがみボートの競争なんかもできちゃいます。もちろん紙やセロハンと同等の折り曲げ性やひねり性があるため、通常のおりがみと同じように楽しむことができます。

gnw_151210_02_03

発色も綺麗でインクののりも良いため、屋外の展示や装飾などにももってこい。また、折り方を工夫すれば花瓶代わりにもなるほど丈夫です!

 

「オリエステルおりがみ」は、赤や青に黄色や緑といった基本的なラインナップから、フィルムのような透明色まで20色セット。価格は350円。

gnw_151210_02_04

また、12月からは「オリエステルおりがみ」の大判(43センチメートル角)の販売も開始しており、クリスマスやハロウィン用、また海をイメージしたものなど、季節に合わせた商品も展開されていきます。

 

オリエステル公式サイトでは、さまざまな折り方のアイデアも公開中。

 

親戚同士が集まる年末年始。何気なく折ったおりがみがスイスイ水の上を走っていったら、子どもたちとしては感動モノです。「オリエステルおりがみ」で、チビッコたちの人気者になっちゃいましょう。

 

 

■この記事の画像一覧

※クリックすると大きなサイズで開きます

 

TAG
SHARE ON