文房具
2015/12/28 11:25

発売から品薄継続中! 何度でも剥がせて何度も書ける“魔法のふせん”

gnw_151210_05_01

以前からゲットナビ編集部も注目していた何度でも貼れる“魔法のふせん”magnetic NOTES(マグネティックノート)がついに発売!

 

あらためて、その注目の機能を見ていきましょう。

 

どこにでも貼り付いて、跡が残らない

gnw_151210_05_02

糊ではなく静電気を利用し、どこにでも貼り付けることができます。その素材は木材、プラスチック、ガラス、紙、金属、レンガ、コルク、革、布など、ほぼすべての素材に対応!簡単に剥すこともで糊跡も残らないため、パソコンの画面や鏡、ガラスなどにも問題なく貼り付けられます。

 

滑らかな書き心地で、何度も書き直せる

gnw_151210_05_03

その表面はとても滑らかで、書き心地も抜群。特に相性が良いのはボールペンやマーカーですが、ほぼすべての筆記具を使用可能。また裏面はホワイトボード仕様になっており、何度でも書き直せます。こちらも専用マーカーは必要とせず、一般のホワイトボードマーカーで何度でも書き直せるため、一時的なメモや子どもたちのお絵描きなど、さまざまな用途で使えます。

 

貼り付けたまま、スイスイ移動可能

gnw_151210_05_04

「magnetic NOTES」は粘着面を持たないため、貼り付けた状態のまま軽く手で滑らせるだけでスイスイと移動できます。例えば会議中におこなわれるふせんを使ったグループ分けなどでも、貼り直しの手間はありません。

 

何度も使えるうえに、環境にも優しい素材でできている

gnw_151210_05_05

このように、一般的なふせんと比べて、何度でも書き直しができるという点だけでも省資源につながる「magnetic NOTES」。それ自体も独自の特殊技術を応用した製品で、紙ではなく静電ポリプロピレンフィルムという素材できており、こちらは100%リサイクルが可能です。原料として樹木を伐採することがないため、徹底して環境に優しいエコロジー製品といえるのです。

gnw_151210_05_06

「magnetic NOTES」は10月の発売以降かなりの好評を博し一時品薄状態となってしまっていましたが、11月上旬に追加生産をおこない、順次出荷を再開中。何度でも貼って剥がせて、書き直しもできるその使い心地、一度体験してみたいです。

 

サイズはS(70mm×50mm)、M(100mm×70mm)、L(200mm×100mm)の3種類で、価格はそれぞれS:626円、M:864円、L:1,836円(すべて100シート入り) 。

 

カラバリはイエロー、ホワイト、ブルー、グリーン、オレンジ、ピンク、ヴァイオレット、クリアの全8色となっています。

 

 

■この記事の画像一覧

※クリックすると大きなサイズで開きます

 

TAG
SHARE ON