文房具
万年筆
2019/10/13 18:30

万年筆デビューにピッタリ!お手ごろ価格で機能性抜群のエントリーモデル

【ド腐れ文具野郎 古川 耕 の文房具でモテるための100の方法】

No.89

プラチナ万年筆

プロシオン

5400円

さらっと書き出せるスリップシール機構を搭載し、初心者でも使いやすい万年筆。重すぎも軽すぎもしないアルミボディで、後部にキャップを付けたときのバランスも良好です。ボディカラーは全5色。

 

実用的でありながら万年筆の愉しさも味わえる新モデルでモテる

以前より、万年筆は価格によって製品ジャンルそのものが変わるような文房具だと、興味深く見守っておりました。

 

まず数百円から1000円前後の低価格モデルは、さしずめ「ニュータイプ系万年筆」。安価な万年筆は昔からありましたが、2013年の「カクノ(パイロット)」のブレイク以降、既存のファンとは違う、万年筆を気負わず使う若いユーザーが生まれました。また、1〜5万円の「実用系ライン」、10万円以上の「宝飾品ライン」にもそれぞれマニアやヘビーユーザーがいて、万年筆売場を賑わせています。

 

そして、ちょうどその中間に位置するのが、5000円前後の「実用系エントリーライン」。カジュアルながら安っぽくなく、万年筆らしい柔らかな書き心地を愉しめ、将来的には上位モデルへ誘う役目も果たす……。最近そんなカテゴリーのトップランナーに躍り出たのが、今年の日本文具大賞で機能部門のグランプリを受賞したプラチナ万年筆の「プロシオン」です。

 

インクの乾燥を防ぐ同社自慢のスリップシール機構や、回転ストロークの短いキャップは扱いに慣れない初心者にうってつけ。ステンレス製のペン先は「硬いがしなりもある」という絶妙なチューニング。大人のデビュー万年筆として、デザインの落としどころも手堅いのではないでしょうか。全方位に隙のない、このランクでは最強の一本です。

 

「ド腐れ文具野郎 古川 耕 の文房具でモテるための100の方法」バックナンバー
https://getnavi.jp/author/koh-furukawa/

 

大量のペンを持ち運べるのがうれしい! シンプルかつ使いやすいトレー型ペンケース