文房具
2015/11/15 10:04

【2016年最新手帳】アイデアと性能を融合させる技巧派「レイメイ藤井」

2016年に向けて注目したい人気メーカーの手帳を、行間からポケット数まで計測し、使い勝手を徹底調査している本シリーズ。今回は幅広いラインアップをもつ文房具メーカー「レイメイ藤井」です。

 

印刷紙などの洋紙販売から発展したレイメイ藤井は、実は創業100年を越える老舗企業。しかし、常に新しいセンスとアイデアを盛り込む姿勢からは、会社としての“老い”は感じられません。

 

手帳のラインナップは、ビジネス向けの正統派から、変わりダネまで展開をしています。正統派の代表のひとつであるフォルダイアリーは、ダイアリーとノートの冊子を一冊に合わせたスタイルが特徴です。

 

リフィルとして交換もできるダイアリーとメモ帳の2冊セット

1511045_01

レイメイ藤井
フォルダイアリー2016年 月間+別冊ノート
実売価格2052円(A5)

1511045_02

月間ブロックのダイアリーとドット方眼ノートの2冊をカバーでまとめた差し込みタイプ。どちらも交換が可能で、様々なタイプのノートリフィルが別売りされています。

 

スケジュール欄

1511045_05

横幅35mmの大きめブロックに、一般的なノートと同じ6mm罫が5段入ります。スタンダードな0.5mmのペンでも書きやすいのがうれしい。

 

質量/ページ数

約286g/40+64ページ。ダイアリーとノート入りのため少し重量感があります。ですがカバーは特殊ペーパーで軽いのが特徴。

 

サイズ感

1511045_03

ダイアリーとノートともにA5サイズ。誰でも書き慣れているサイズで、初心者でも違和感なく使えます。他にはA6/B6/B5が揃っています。

 

行間

罫幅は手帳としては広めで、横幅も35mmで窮屈さはありません。筆記具も手帳用細字を選ぶ必要はなく、細かい字が苦手な人には最適です。

 

ポケット数

1511045_06

表紙裏のポケットは、A4用紙を折って収められます。名刺用の小ポケットもあり。

 

ノートにメモをたくさんとりたい人に便利な一冊

分冊タイプは予定とメモが混ざらないのが◎。さらにノートが切れたら普通のA5ノートを入れても使える汎用性の高さも秀逸です。

TAG
SHARE ON