クリップ 関連記事

手に取ってみて、「こんなものにもまだ進化の余地があったのか!」と心底驚いてしまいました。従来の約半分の力で開くという画期的なダブルクリップ「エアかる」。極めてシンプルな構造ながら、わずかな工夫次第で見た目も価格もほぼ変えずに改良できる。これはすごいと感心しつつ、思ったこととは。

何枚も資料を束ねる際に活躍してくれるダブルクリップ。仕事でお世話になっている人も多いのではないでしょうか? 実はこんなに可愛いサイズもあるんです。

黒い板バネとワイヤーで作られたお馴染みの「ダブルクリップ」は、1910年にアメリカで発明されたもの。ワイヤーレバーを使ってテコの力で板バネの口を開く構造は、100年以上前の発明段階から変わっていない。だがこのほど、100年ぶりの大改革がダブルクリップに起きたのだ。