話題
2018/4/1 10:08

エイプリルフールの秘密兵器! 妄想を現実化してくれるアプリ「妄想ロック画面」を要チェック

知り合いが席を外した時にスマホを残していき、うっかり画面を見てしまった経験はないだろうか。プライベートな領域と分かっていても、通知が来てスマホのロック画面が見えるとつい意識が向いてしまうもの。今回はそんな人間の心理を突いた「妄想ロック画面」を紹介しよう。同アプリを使えば、エイプリルフールがさらに盛り上がること間違いなし!

出典画像:「App Store」より

 

ユーザーの妄想が通知画面で現実化!

出典画像:「App Store」より

 

「妄想ロック画面」ではなんと、スマホ上に架空の通知画面を作成できる。しかもアイコンや字体など各アプリの通知時に登場するあらゆるデザインを模写しているので、パッと見ただけでは偽物とわからない。メールや通話はもちろん、LINEやTwitterなどのSNS、さらにはYahoo! ニュースからの通知画面まで作れるから驚きだ。

 

アプリを開いたら早速、「偽ロック画面を作成」と書かれた項目をタップしよう。すると「背景画像」「キャリア名」「電波の強さ」など通知画面に表示する情報を設定できる。電池の残量も1%刻みで設定可能なので、リアリティある画面が作れるはず。

 

続いて「通知メッセージを作成」項目から、メッセージの内容と通知元のアプリの情報をセットすれば偽ロック画面のできあがり。例えば「広瀬すず:会いたい」というメッセージを入力してアプリ情報に「LINE」を設定すると、広瀬から「会いたい」というLINEを受信した夢のような通知画面を入手できる。もちろん広瀬本人がユーザーにコンタクトをとってきたわけではないので、喜びすぎには注意。さり気なくターゲットの目につくような位置にスマホを置いて、驚く様子をそっと見守ろう。

 

妄想をスマホ画面限定で現実化してくれる同アプリは、ユーザーからも大人気。ネット上では「偽物だと分かっていても橋本環奈からのLINE通知に心躍る」「星野源から着信来た画面作ってみた!」「スマホの画面を開くと、玉木宏からのメッセージに癒されるわ…」といった喜びの声が続出している。中には「織田信長からのLINE通知作った」「千利休からお茶会のお誘いメール来たよ!」など歴史ネタに走るユーザーも多く、笑いのセンスが問われそうだ。

 

リアリティ溢れるイタズラが実現できる「妄想ロック画面」。是非ダウンロードしてみてはいかが?

 

■レート
4.2(最大5/App Store/3月23日現在)

 

■アプリ情報(App Storeより)
販売元:masashi yamada
サイズ:52.2MB
互換性:iOS 9.0以降。iPhone、iPad、およびiPod touchに対応。
言語:日本語、英語
年齢:以下の理由により年齢制限指定9+ となっています。
まれ/軽度な過激な言葉遣いまたは下品なユーモア
まれ/軽度なホラーまたは恐怖に関するテーマ
まれ/軽度な成人向けまたはわいせつなテーマ

TAG
SHARE ON