話題
2018/3/30 21:30

可愛らしい顔からは想像できないハスキーボイスで虜にするアイナ・ジ・エンドにヒャダイン「唯一無二」、吉田豪「別格」

日々新しいスターが生まれて大活躍を繰り広げているが、次は一体誰がメディアを騒がすことになるのだろうか。この記事では、次にキそうなブレイク間近の有名人を紹介! 今回紹介するのは、BiSHのアイナ・ジ・エンド。

 

多方面から注目されるハスキーボイスの持ち主!

出典画像:アイナ・ジ・エンド 公式Twitterより

“楽器を持たないパンクバンド”の肩書で、音楽シーンに新たな風を巻き起こす女性アイドルグループのBiSH。同グループのメンバーであるアイナ・ジ・エンドは、湘南乃風の若旦那がリリースした「負けるな小さきものよ」でコーラスを担当して大きな注目を集めたことが。そこから彼女はグループとしてだけではなく、ソロの活動でもファンの目を引く存在になっていく。

 

彼女の魅力を1つ挙げるなら、童顔で愛らしい顔に似合わないパワフルなハスキーボイスだろう。ネット上でも「めちゃくちゃ可愛いのに驚きのファンキーボイス!」「顔と声のギャップが半端じゃない」「これは普通に音楽ファンも納得させる歌唱力だな」「アイナの声はマジでスゴイと思う。ただのアイドルグループだと思って曲を聞くとビックリする」といった声が溢れ、アイドルファンだけではなく音楽ファンからも高い評価を得ている。

 

アイナを絶賛する声は数多くの著名人からも。コラムニストの吉田 豪は、自身の公式Twitterで「アイドルのロックっぽい歌い方は正直言って苦手なんですけど、BiSHのアイナ・ジ・エンドだけは別格。BiSHという『楽器を持たないパンクバンド』にとって、最強の楽器が彼女の声なんだと思います」とツイートしている。またミュージシャンのヒャダインもBiSHのファンだと公言し、「アイナ・ジ・エンドの声は唯一無二」「異常にハスキー」と発言。ラジオ番組「ヒャダインの“ガルポプ!”」にアイナが出演した際には、彼女に会えた喜びを本人に伝えていた。

 

多方面から注目を集めるアイナは、MONDO GROSSOによる「偽りのシンパシー」にボーカルとしても参加している。2018年3月に公開された同曲のミュージックビデオで、これまでの“カッコ可愛い”イメージとは違うセクシーな衣装と妖艶なダンスを披露。彼女の新たな挑戦には「こんな一面も見せてくれるとは!」と多くのファンが虜になったようだ。彼女自身も「この作品を通して、ほんの少し大人の女性に近づけた気がしました」とコメントしている。

 

現在最も勢いに乗っているアイナが音楽シーンを席巻する日も遠くはないだろう。これからの活躍に期待したい。

 

プロフィール
名前:アイナ・ジ・エンド
誕生日:12月27日

TAG
SHARE ON