話題
2018/4/5 6:00

「東武線の本気」に驚愕するユーザー続出!? 個室トイレの空き状況まで見られる「東武線アプリ」を要チェック

今年も入学式・入社式のシーズンが到来。新生活への期待を抱いた若者たちを通勤電車で見かけ、微笑ましい気分になった人も多いのでは。しかし駅を利用する人の数が一気に増える時期でもあるので、列車の運行状況や構内の混み具合はしっかりと把握しておきたい。そこで今回は、東武線の情報管理に特化した「東武線アプリ」を紹介しよう。3月末に配信開始されて以来、「東武線ユーザーにとって最高のアプリ!」と好評を呼んでいる。

 

出典画像:「Google Play」より

 

東武線のすべてが把握できるといっても過言ではない

出典画像:「Google Play」より

 

同アプリは東武線の列車運行情報、乗り換え運賃案内のチェックなど「時刻表アプリ」として活躍するシステムを搭載。最大10駅まで「よく使う駅」登録ができ、登録した駅から出発する電車の情報はホーム画面からリアルタイムで確認可能だ。

出典画像:「Google Play」より

 

例えば「東武東上線 池袋駅」を登録すると、「急行 小川町行」「普通 成増行」「準急 森林公園行」など各電車の出発時刻が分かりやすく表示される。電車名をタップすれば終点まで各駅の停車時刻がチェックできるので、降車駅をいちいち入力しないでも到着時間を把握できるのがうれしいポイント。

 

また「東武線アプリ」は、東武鉄道ホームページで発行する遅延証明書を表示してくれる。駅構内で遅延証明書を貰い損なったら、慌てずにアプリを起動しよう。

 

さらに、駅で発生しうるトラブルの1つ「トイレ問題」もばっちりカバー。なんと、「東武東上線 池袋駅」構内にある個室トイレの空き状況を確認できるから驚きだ。メニュー画面から「駅トイレ個室空き情報」という項目を選択すれば、「北改札口」「南改札口」にある個室トイレの混み具合が一発でチェック可能。あらかじめトイレの情報をゲットしておけば、満室のトイレの前で苦しむリスクを減らせるはず。駅構内図のリンクも添付されているので、池袋駅をあまり利用しないユーザーが急にトイレへ行きたくなってもひと安心。

出典画像:「Google Play」より

 

電車の運行からトイレの情報まで網羅した「東武線アプリ」はユーザーから大好評で、「トイレの空き状況が分かるのは素晴らしい」「胃が弱い体質だから、個室トイレの空き情報はマジで助かった」「時刻表アプリとしても優秀だよね!」「トイレ情報まで開示するところに東武線の本気を感じる…」「遅延状況や原因もチェックできるのがありがたい」といった声が上がっている。気になった人は、早速ダウンロードしてみよう!

 

■レート
3.8(最大5/App Store/4月2日現在)
4.0(最大5/Google Play/4月2日現在)

 

■アプリ情報(App Storeより)
提供元:TOBU RAILWAY CO., LTD.
サイズ:43MB
互換性:iOS 8.0以降。iPhone、iPad、およびiPod touchに対応。
言語:日本語
年齢:4+ 対象年齢

TAG
SHARE ON