話題
2018/5/18 21:30

「ひきこもり情報弱者」のシンガーソングライター・みゆはんがブレイク間近

日々新しいスターが生まれて大活躍を繰り広げているが、次は一体誰がメディアを騒がすことになるのだろうか。この記事では、次にキそうなブレイク間近の芸能人を紹介! 今回紹介するのは、シンガーソングライター・みゆはん。

 

内向的なシンガーソングライターとして話題のみゆはん

出典画像:みゆはん 公式サイトより

 

ファーストフルアルバム「ひきこもり情報弱者」を今夏リリース予定の“みゆはん”は、“コミュ障シンガーソングライター”。家に引きこもってゲームをするのが趣味のインドア派だが、デザイナーや声優などマルチなフィールドで活動している。ネット上では「こんなにアクティブなコミュ障見たことないwww」「みゆはんは多分ガチのコミュ障だけど、多才すぎて凄いな」と話題に。

 

 

“コミュ障”というワードのインパクトに目を奪われてしまいがちだが、シンガーソングライターとしての実力も確かなもの。人気アニメ「けものフレンズ」のエンディングテーマとして書き下ろした楽曲「ぼくのフレンド」のMVは、公開から1年足らずで50万回近い再生回数を記録している。親友に当てたメッセージのような歌詞が印象的で、ネット上では「聴くたびに胸が熱くなる歌詞で最高」「この曲初めて聴いた時、鳥肌がたつほど感動した…」「多分、トータルで1万回はリピートしたと思う」と大好評。

 

同曲は“けもフレ”ファンのハートもガッチリ掴んだようで、「今思えば『けものフレンズ』の世界観にピッタリな曲だった」「この神曲あってこその“けもフレ”でしょ!」「アニメ観てる時は何も感じなかったけど、後からジワジワと染みてくる最高の曲だわ…」といった反響の声も上がっている。

 

またTwitterの面白さにも定評があり、ちょっとした呟きが1000件以上リツイートされるのは日常茶飯事。特に自身の“貧乳”をネタにした自虐ツイートは毎回大ウケで、ファンも楽しみにしているよう。「ひきこもり情報弱者」のリリース日が7月4日に決定した際は、「(胸)ナシの日に発売と覚えておいてくれ!」と盛大な自虐ツイートを公開。同ツイートは、5月15日時点で2500件以上リツイートされるほどの大ヒットを見せた。

 

 

“貧乳ネタ”をやたらと強調するみゆはんだが、公式では性別を「みゆはん」と設定している。性別不明なうえに色白で中性的なルックスをしているため、ネット上では度々“みゆはん性別論争”が勃発。「みゆはんって男なの!? 女なの!?」「あのレベルの貧乳なら男って言われても納得できる…」「性別がどっちにしろ可愛すぎ!!」など様々な意見が飛び交っている。

 

アルバムリリースも決まって絶好調なみゆはんの、さらなる活躍に期待しよう!

 

プロフィール
名前:みゆはん(ミユハン)
出身地:香川県
性別:みゆはん

TAG
SHARE ON