話題
2018/8/20 10:50

「隙が無さすぎる…」 夏野菜がたっぷり入った吉野家の健康系ガッツリ飯「ベジ黒カレー」

遠くにお出かけをしたり、オフィスで仕事をしている人にとって有難い存在が「テイクアウト」。近ごろはファーストフード店だけでなく、多くの飲食店で「テイクアウトOK」なお店が増えています。そこで本稿では、気になる“テイクアウト飯”を実食してご紹介!

 

●「ベジ黒カレー」(吉野家)

 

今回ピックアップしたのは、「吉野家」で販売中の「ベジ黒カレー」。「1日に必要とされる野菜の量を半分摂取できる」というテーマから展開された「ベジシリーズ」の一角で、健康的且つガッツリした食べ応えが話題を呼んでいます。

 

最初に同シリーズで販売されていたカレーは、スタンダードなカレーに野菜が投入された「ベジカレー」というメニューのみ。しかし、「ベジ黒カレー」は大人気の「ベジカレー」が更なる進化を遂げた逸品です。ソースと見紛うような真っ黒なルーと、「ナス」「オクラ」「ヤングコーン」など旬の夏野菜をふんだんに使用しているのが特徴的。

 

早速テイクアウトして袋を開けてみると、ライスの上にこれでもかと盛りつけられた大量の野菜が登場しました。野菜だけでお腹が膨れてしまうのでは… と不安が頭をよぎるも、気をとり直して実食スタート!

 

まずはカレーとライスの味から楽しむ予定でしたが、主張が余りにも激しかったため野菜から食べてみることに。濃厚なカレールーによく混ぜた野菜はどれも絶品で、“野菜本来の味”を超越したうま味が感じられます。思わず、「ライス無しでも十分美味しいかもしれない」という邪念すら生まれてしまいました。

 

しかし、やはりカレールーと白米の相性は抜群。ルーはやや辛めで汗が噴き出てきましたが、身体はカレーを欲しているためスプーンを動かす手が一向に止められません。もちろんライス+ルー+野菜を三位一体で同時に食べても美味しいので、ぜひ試してみましょう。

 

同商品はネット上でも好評を博しており、「吉野家のベジ黒カレー、本当にウマいわ。美味しくてヘルシーなんて隙が無さすぎるだろ」「旬の野菜をガッツリ楽しめるのがポイント高いな!」「真っ黒なルー、真っ白なライス、カラフルな野菜が綺麗に融合して美しい…」など絶賛する声が多数見られました。

 

夏野菜の入った「ベジ黒カレー」は季節限定となるので、急いでチェックしておきましょう!

TAG
SHARE ON