話題
2019/5/29 20:50

酸っぱ辛い味を再現した「明星 ティーヌン監修 トムヤムまぜそば」

クオリティや値段、コンセプトなど様々な角度で進化を続けるカップ麺。料理の支度をする手間が省けて、時間のない現代人にとっては大助かりです。この記事では続々と発売される“カップ商品”をターゲットにして、皆さまにご紹介していきます。

 

【カップ麺大全】「明星 ティーヌン監修 トムヤムまぜそば」(日清)

まだ日本にタイ料理が普及していなかった1992年から営業している、トムヤムラーメンで有名な「ティーヌン」。タイ国政府からも「タイ・セレクト」認定店として認められる同店の味が、日清の「明星 ティーヌン監修 トムヤムまぜそば」として225円(税抜)のカップ麺になりました。お湯をきった後に液体ソースをよく混ぜて、さっそくレビューしていきましょう。

 

液体ソースは刺激的な赤色でしたが、何より特徴的なのはその香りです。レモングラスの酸っぱい匂いが強烈に主張する、エスニックな雰囲気。フレッシュな匂いと一緒に麺をかきこむと、カフィルライムの酸味と甘みでパンチの効いた味わいが楽しめました。爽やかな辛味が後からやってきて、「甘さ」「辛さ」「酸っぱさ」が1皿で楽しめるトムヤムの味を見事に再現。日本人でも食べやすい味に仕上がっているので、まだタイ料理を食べたことのない人はハマってしまうかも。

 

 

ネット上では、「しっかりトムヤムの味がする。爽やかで最高!」「絶対うまいと思って買ったけど、大当たりでした」といったファンの声が続出。タイ料理ファンはもちろん、初心者にもおススメのまぜそばを堪能してみてください。

 

TAG
SHARE ON