乗り物
2015/12/9 11:24

ドイツ御三家市場に挑むジャガーXEに明るすぎる未来を見た!

デザインと走りがウリのもっとも手ごろなジャガー

1511122_01

ジャガーは、美しいデザインと躍動感溢れる走りを併せ持つブランド。新生スポーツサルーンのXEは、ジャガーの持つ価値をさらに高めて登場したモデルです。

 

新世代ジャガーに共通イメージのスタイリッシュなボディをまとい、セグメント内ではやや大きめのサイズを持ちます。

 

今回、ゼロから開発された基本骨格は、今後のジャガーの礎となる最先端プラットフォーム。ボディ全体の75%にアルミニウムを使用しており、圧倒的な軽量高剛性を実現しています。

 

一方で、軽快で素直なハンドリングと、路面からの入力をいなすしなやかな乗り心地は、ジャガーならでは。ドイツ御三家 (メルセデス・ベンツ/BMW/アウディ)の競合車とは異質の、ジャガーらしさがしっかりと出ています。

 

エンジンはガソリン直噴+過給機に加え、注目度の高い最新クリーンディーゼルエンジンをジャガージャパンとして初めて導入予定。話題には事欠きません。

 

ドイツ勢が幅を利かす日本市場において、彼らに一矢報いる要注目モデルとなるでしょう。

 

ワインディングや高速道路で感じられる洗練された走り

1511122_05

乗り心地の良さと軽快なハンドリングの両立を実現。フロントに旗艦車である「F-タイプ」と同じダブルウィッシュボーン式、リアにセグメント初のインテグラルリンク式を採用し、走行性能は高いです。

 

ジャガーならではのたたずまい

1511122_02

比較的オーソドックスなデザインのコクピット。せり出すダイヤル式のATセレクターなど、ジャガーならではのアイテムが装備されています。

 

スポーティでハイクオリティ

1511122_03

フロントシートは、スポーツカーのように乗員を包み込む形状で低い位置に設定。リアシートにはジャガー初となる分割可倒式を採用しています。

 

まずは3種類のガソリン仕様を導入

1511122_04

エンジンは200PSと240PSの2L直4直噴ターボと、340PSの3lV型6気筒のスーパーチャージャーを用意。年内に2Lディーゼル車も導入予定です。

 

SPEC【PORTFOLIO】
ジャガーXE
●全長×全幅×全高:4680×1850×1415mm
●車両重量:1640kg
●総排気量:1998cc
●エンジン形式:直列4気筒DOHC+ターボ
●最高出力:240PS/5500rpm
●最大トルク:34.7kg-m/1750rpm
●JC08モード燃費:12.5km/l

TAG
SHARE ON