乗り物
2016/3/28 12:16

【動画】スイフトよりはひとまわり大きいが実にコンパクト! スズキ・バレーノの内外装を紹介

スズキのバレーノは、インドで生産され日本に逆輸入されるコンパクトモデル。先日行われた発表会で内外装を動画撮影してきましたので、それと併せて同車の見所を解説していきましょう。

 

 

パッと見大きそうに見えるけどBセグメントモデル

動画ではかなり堂々とした体躯をしているように見えますが、バレーノのスリーサイズは全長3995㎜×全幅1745㎜×全高1470㎜。スイフトが全長3850㎜×全幅1695㎜×全高1500㎜(2WDモデル)なので、主に横方向に大きいだけで、欧州Bセグメント(※:フォルクスワーゲン ポロやホンダ フィットなどが属するカテゴリ)に所属するコンパクトモデルです。

 

スイフトと比較していますがプラットフォームは一新。これ自体はBセグメントだけではなく、Cセグメントまで利用可能で、今後のスズキ車はこれを利用して作られるモデルも多く、重要な機構といえるでしょう。この新プラットフォームは徹底した軽量化が特徴でバレーノの車両重量は910kg(XGグレード)と、スイフトの960kg(XG 5MT)よりもとても軽い! 燃費も24.6km/ℓと実に良燃費。価格は141万4800円ですが、レーダーブレーキサポートIIをはじめとした、スズキの最新先進技術が標準装備されていることを考えれば、非常に手ごろ感があります。

 

やっぱり注目は1.0ℓターボエンジンモデル

ここまでは1.2ℓエンジンのXGグレードの基本情報をお伝えしてきましたが、バレーノで最も注目されているポイントは、3気筒1.0ℓのターボエンジンを搭載するXTモデルが用意される点。近年のクルマのトレンドである「ダウンサイジングターボエンジン」という位置づけですが、「Bセグメント」「1.0ℓクラス」「国産車」という区切りではガチの競合といえるモデルがいません。

 

最高出力も111PS/5500rpmとXGの91PS/6000rpmと比べると20%以上のパワーを実現。これにパドルシフト付きの6速ATが組み合わせられるので、軽い車両重量(XTは950kg)と相まって非常に軽快なドライブフィールが期待できそうです。ただ、XTの発売は5月を予定で、価格は161万7840円~172万8000円。期待して待ちたいですね。

 

【URL】

スズキ http://www.suzuki.co.jp/

バレーノ http://www.suzuki.co.jp/car/baleno/

TAG
SHARE ON