乗り物
自転車
2018/8/31 12:00

話題の“ポタリング”も軽快に楽しめる! 街乗りに最適なクロスバイク6選

近年注目を浴びている「ポタリング」は、自転車で都心や近郊をのんびり散策するサイクリングの一種。従来のスポーツサイクリングと異なり、長距離走行や走行速度を追求せず、途中でカフェに立ち寄ったりショップをはしごしたりと、自転車で“街ブラ”するようなイメージです。

 

徒歩での移動よりも効率的に移動でき、クルマに乗るよりも健康的なポタリングには、軽快車(ママチャリ)よりも走行性に優れたクロスバイクがオススメ。そこで今回は初心者に最適なエントリークラスのクロスバイク6モデルを紹介します。

 

1.軽量化にこだわった日本ブランドのスポーツバイク

KhodaaBloom(コーダーブルーム)
RAIL 700(2018)

実売価格5万8320円

KhodaaBloom(コーダブルーム)は2007年に立ち上げられた国産ブランド。軽量化にこだわった設計とコストパフォーマンスのよさで注目を集めています。この「RAIL 700」は、上位モデルゆずりの軽量アルミフレームを使用したクラス最軽量クロスバイク(※)。高品質のフレームとこだわり抜いたパーツ構成により、軽やかな走行感と抜群の走りやすさを両立するスタンダードモデルとなっています。また、一般的なクロスバイクでは別売となっているスタンド、ライト、ベルを標準装備しているので、初めてクロスバイクに乗る人にもオススメです。

※:国内販売中の10万円以下/前3段変速機付きクロスバイクにおいて(2018年4月現在・同社調べ)

 

【SPEC】
変速:27段(フロント3段・リア9段)
タイヤサイズ:700×28C
重量:9.4kg(480mm)
カラー:レッド/シルバー/ブルー/ブラック/ホワイト

 

2.イタリアの老舗自転車メーカーの定番モデル

Bianch(ビアンキ)
ROMA4(2018)

実売価格6万4260円

イタリアのなかでも非常に長い歴史を持つ自転車メーカーBianch(ビアンキ)。日本でもチェレステと呼ばれる水色のブランドカラーとともによく知られている自転車ブランドの1つです。この「ROMA4」は、力強いデザインでスポーティーな走りを特徴とするROMAシリーズのエントリーモデル。2018年モデルはリムにもチェレステカラーを採用し、よりファッショナブルな外観になっています。

 

【SPEC】
・変速:24段(フロント3段・リア8段)
・タイヤサイズ:700×28C
・重量: –
・カラー:CK16/MATT BLACK PINK/MATT GREY/WHITE/BLACK/MATT MILITARY GREEN

 

3.通勤・通学に適したクロスバイク

ブリヂストン
TB1

実売価格4万2962円

軽快なアルミフレームでスポーティーな走りを実現するクロスバイク。水ハネから衣服を守る泥よけや、サビに強いステンガードチェーン、高耐久性のロングレッドタイヤを装備し、通勤や通学などで日常的に自転車に乗る人にうれしい仕様となっています。バートップに備えたライトは、ハブダイナモ発電式で電池不要。サークル錠やサイドスタンドも標準装備しています。

 

【SPEC】
・変速:7段(フロント1段・リア7段)
・タイヤサイズ:27×1-3/8
・重量:15.2kg(480mm)
・カラー:T.Xネオンライム/E.Xブラック/P.Xスノーホワイト/F.Xピュアレッド/T.Xマットグレー

 

4.ポタリングに最適なレトロデザインのクロスバイク

ブリヂストン グリーンレーベル
CHERO 650F

実売価格5万2760円

流行を取り入れたオシャレなデザインの自転車が揃うブリヂストン グリーンレーベルのクロスバイク「CHERO 650F」は、クラシカルなホリゾンタルデザインが特徴。女性に最適な「650F」のほか、ワンサイズ大きい「700F」もラインナップしています。グリップと鋲付きサドルにはブラウンのレザーテイスト素材を使用するほか、真鍮製のベルや側面がアメ色に加工されたタイヤを装備するなど、レトロテイストあふれる仕様。自転車でのんびり散策する“ポタリング”に最適な1台です。

 

【SPEC】
・変速:8段(フロント1段・リア8段)
・タイヤサイズ:650×32C
・重量:11.7kg(480mm)
・カラー:E.Xクリームアイボリー/E.XHブルーグレー

 

5.ストリート感あふれる街乗りバイク

 

FUJI(フジ)
PALETTE(2018)

実売価格5万2920円

FUJIは1899年に日本で誕生し、現在ではアメリカ資本のブランドとなった老舗。ブランドを代表する定番クロスバイク「PALETTE」は、細いチューブによるスキニールックなフレームとストリート感あふれるカラーリングが特徴。シマノパーツでドライブトレーンが統一されており、優れた操作性とメンテナンス性を実現しています。初めての街乗りバイクにオススメなモデルです。

 

【SPEC】
・変速:24段(フロント3段・リア8段)
・タイヤサイズ:700×28C
・重量:10.8kg
・カラー:ブラッドオレンジ/スターダストグレー/ミント/マットブラック/オーロラホワイト/バーガンディ

 

6.日本人のための作られた国産クロスバイク

RITEWAY(ライトウェイ)
SHEPHERD CITY

実売価格5万1516円

RITEWAY(ライトウェイ)は、「日本人のためのスポーツバイク」をコンセプトにした国産ブランド。日本人の体型データをもとに、日本人ビルダーがフレーム設計を行っています。この「SHEPHERD CITY」は、ハンドル位置を近づけ前傾姿勢を楽にしたシティライド向けのクロスバイク。専用に開発されたフルスリックタイヤにより、静かで快速な走行性能を実現しています。ベル、センターキックスタンドとスマホホルダーが標準付属。

 

【SPEC】
・変速 24段(フロント3段・リア8段)
・タイヤサイズ 700×35C
・重量 10.9kg
・カラー:グロスチタンシルバー/グロスネイビー/グロスホワイト/グロスブラック/グロスダークオリーブ

 

猛暑も一段落し、徐々に涼しくなるこれからの季節に、クロスバイクで軽快なポタリングを楽しんでみてはいかがですか?

TAG
SHARE ON